COLNAGO(コルナゴ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ)

2017 COLNAGO MONDO2.0 TIAGRA 試乗体験インプレ 走行安定性が飛び抜けて高いのが印象的。

DSCN8679cw (1)
2017 COLNAGO MONDO2.0 TIAGRA
コルナゴの新型エントリーアルミモデルCOLNAGO MONDO2.0 TIAGRA
に試乗しました。
以前も記事にしましたが、上位新型アルミモデルA1-rと同じアルミフレームを
採用しているだけあって、恐ろしくダウンチューブが極太でした!
DSCN8679cw (2)
太い……アルミとはいえここまで太いのか……
この高級カステラ箱の様な、超極太ダウンチューブ形状に目を奪われる。
まるで、ピアノの様な黒光りするブラックが美しかった。

DSCN8691fwe.jpg

COLNAGO MONDO2.0 TIAGRA試乗体験インプレ


で、気になるMONDO2.0 の走行性能ですけど……
(実は試乗前から、コルナゴの新型エントリーアルミモデルが大変気になっていた。
どいう訳か、コルナゴのアルミエントリーモデルは以前から当たりが多い)

走行安定性が高い。まるで路面を面で捕らえたかのような、安定さ。
あまりに乗り易いので、非常に楽な気分で走行できました。
(結構速度が出てしまったけど……)

走行安定性が高く、その上で路面追従性を発揮。路面をしっかりとらえ
て走るアルミモデル。
2014年モデルのCOLNAGO STRADA SL に近い感じ……いや近いというより
発展型かな?

路面をしっかり捕えつつ、MONDO2.0がアルミ剛性を発揮してぐいぐい加速!
(特に巡行中、加速しようとすると。軽快にグッ、グッと引っ張っていくフレームパワーに驚いた!)
やはりエントリーモデルとはいえ、コルナゴらしい推進力や加速性能をしっかり用意してある。
確かにコルナゴシリーズの一員だわ。


最大の長所は、巡行中のスピードコントロール性能が優秀。
ありとあらゆる速度域に対応できる優等生的なアルミフレームだ。

DSCN8682fw (2)
ハンドルバー COLNAGO RA35A2
ハンドルバーステム COLNAGO JD-ST33S

DSCN8689fcw (2)
ブレーキ SHIMANO BR-4700
DSCN8681few (1)
フォーク COLNAGO STREET
ホイール COLNAGO ARTEMIS R28
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT II 700×25C
DSCN8681few (2)
フレーム COLNAGO Mondo 2.0 ALLOY
DSCN8689fcw (1)
DSCN8685fw (2)
フロントディレーラー SHIMANO FD-4700
DSCN8682fw (1)
クランク FSA CK-4002ST OMEGA 50×34T
DSCN8685fw (1)
ブレーキ SHIMANO BR-4700
変速操作やブレーキ性能が、価格を抑えつつも実に良かった。
DSCN8686wf (2)
DSCN8683frw (1)
リアディレーラー SHIMANO RD-4700 SS
カセット SHIMANO CS-HG500 12-28T

DSCN8686wf (1)
サドル VELO VL1319
シートポスト COLNAGO ALLOY 27.2mm


ロングライド性能もあるけど、もちろんレーシング性能もある。
(特に、ブレーキをティアグラ仕様にして大正解。それだけ走るならティアグラ
クラスの制動力が必要になってくる。操作感がとてもいい)
ロングライド系カーボンモデルの性能を、アルミで再現しようとした
モデルなんでしょうね。
快適性は衝撃吸収性そのものは普通。ただ、走行安定性が飛び抜けて
高いのが印象的。
Colnago - A1r (105 - 2017)

2017年03月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 COLNAGO C-RS試乗体験インプレ エアロロードを撃墜する為の、強力な剛性を有した新型! 

DSCN8696cds (1)
2017 Colnago C-RS
コルナゴの新型エントリーカーボンモデルColnago C-RS
に試乗してみました。
正にエアロロードキラーな、剛性主体のパワー系カーボンモデル!
これ、普通にエアロロードに対抗出来る高剛性カーボンフレームですよ。
てか、パワーが全然エントリーじゃないんですけど……

DSCN8710gtr.jpg
仕様がヤバかった……
コンポに新型Dura-Ace R9100!?
更には60㎜ハイトのディープリムデュラエースエアロホイール WH-R9100-C60 仕様???
ぜ、贅沢な……これで遅い訳ないではないですか……
しかもこの最新鋭コンポと新型COLNAGO C-RSカーボンフレームって
性能的に釣り合いが取れているのですよ……

ああ、出来ることならこの特別仕様で湘南バンクあたりのサーキットでテストしてみたかった……
埼玉の試乗コースでは、狭すぎる……。
DSCN8696cds (2)
コルナゴ伝統のジルコ加工。星形断面形状なのを確認。
正にエアロロードを殺戮するための、強力な剛性を有するコルナゴ最新
フレーム。


(Colnago C-RS試乗体験インプレ)
コンフォート性能は普通……ではあるんですが。
なんじゃ? このバネ感のあるパワフルフレームは……
ちょっと加速すると、いきなりColnago C-RSは強力な剛性を開放します。
高速になる程、走行性能の自由度が増してくる。

な、なんと……最新のコルナゴモデルはこれだけのパワーと推進力を
有しているのか……
ゼロ加速から猛烈な加速でスピードを上げた後(エアロホイールの影響?)、
そのまま前方にひたすら無理矢理突進しようとします……C59を思い出す
この桁違いのパワー。
凄まじい……ガクガク((((;゚Д゚))))ブルブルその一言に尽きる。

DSCN8700vfd (1)
ああそうか。数年前のコルナゴフラグシップクラスの性能がとうとう、ミドル
グレードやエントリーグレードモデルで再現してきた訳ですね。
こいつはすげえや。
脚力の消費は通常レベル。激しく脚を使う訳ではない。
しかし軽いという訳でもない。


獰猛な動物じみたフレームでして、かつてのC59に近い
走行性能かな……狂喜じみたC-RSの加速性能に無理やり体が引っ張ら
れていく……ただ、推進力に抵抗感があまり無いのでその辺がエアロホ
イールや空力抵抗を強化したフレームの恩恵が出ているのかもしれない。



しかし、最近のイタリアンモデルは一体どうしてしまった
のだろう??? 悔しい位、性能が良くなっている。
デローザ(主にエアロ性能&快適性)、コルナゴ(エアロ性能&剛性)、ビアンキ(主に剛性)
が急激に性能を底上げしてきているではないですか??
ここ最近のイタリア勢が怖すぎる……
DSCN8705gtr (2)
(空力性能型というよりは、剛性主体の猪突猛進型)
流石にコースの関係から巡行性能まで確認出来なかった
のですが、Colnago C-RSはフレームパワーと剛性を生かしたモデルなのは
間違いない。

正に C-RSはコルナゴの長所を強化した、新型ですね。

速度がある程度乗った後に、風景が後方に軽くぶっ飛んでいく快感
が忘れられない。
DSCN8700vfd (2)
ケーブルはインターナル。ただ所々エアロ性能を強化しているので
セミエアロモデルと言っていいのかな。
DSCN8709gtr (1)
20170315095445812gehrt.jpg
DSCN8702cds (1)
DSCN8711few.jpg
DSCN8709gtr (2)
DSCN8705gtr (1)
インテグレートシートクランプ
確かに空力抵抗を稼いだフレームではあるのですが、コルナゴらしい
剛性&パワーを有する。
DSCN8703vf.jpg
DSCN8706grt.jpg
(歴代のコルナゴモデルの長所を引き継いだ新型)
面白い事に快適性はあえてもたせず、C59やC60シリーズの剛性を引
き継いだパワー系カーボンモデルだった点が興味深かった。

なんとなく、コルナゴはエアロロードにカーボンフレームの剛性で対抗
しようとしている節も感じる……

Colnago - C-RS (Ultegra - 2017)

Shimano - Dura-Ace (デュラエース) R9100 11スピードグループセット

2017年03月15日 トラックバック(0) コメント(1)

2017 COLNAGO CONCEPT(コルナゴ コンセプト)試乗体験インプレ 無限に加速が 伸びていく! 確かにコルナゴシリーズらしい パワーを有しているんだな……と納得。



DSCN8712hr.jpg
2017 COLNAGO CONCEPT(コルナゴ コンセプト)
噂の、コルナゴの新型エアロロードモデルCOLNAGO CONCEPT(コルナゴ コンセプト)に試
乗してみました。
しかもあの新型R9100系デュラエース仕様でしたよ……

DSCN8724fewger.jpg
DSCN8725fgwewer.jpg
ブレーキはダイレクトマウント式
R9100シリーズのブレーキデザインって、こんなに角ばっているのか。
いずれにしてもBB下に取り付けるよりは、全然ブレーキの効きがいい。

(´;ω;`)……うーん、どうCOLNAGO CONCEP感想を書けばいいんだろう……エア
ロロードとしてはかなりコルナゴらしいですね……あの縦剛性を生かした突進力が
忘れられない…・・・
もしかして、エアロ性能よりも剛性を強化している???
(あくまで、他ブランドのエアロロードと比較した感想ですが)

やっぱりCOLNAGO CONCEPTって、コルナゴシリーズの一員なんだな……

DSCN8730fwe.jpg
素直に感想を書かせていただくと……
(ゼロ加速~時速25km程度まで)
縦剛性が高目。何気にエアロロードとしての走行感が強いかな。

で、実際の走行性能は……
ゼロ加速性能は、それ程強力ではないですね。徐々に、徐々に加速
していく感がありました。(とはいえ、実にスムーズでもある)
ラグフレームのC59など比べて、ゼロ加速時は大人しいかな。

が……特に抵抗感の様なものも感じない。乗り易い、扱いやすい。
DSCN8722gwe.jpg
DSCN8713gtr.jpg

(時速30km~巡行)

コースが狭かったので、どこまで正確か分かりませんが……
速度に乗ってくると加速が更に、凶暴に発動を始めましたね!

( ;゚ω゚)……加速の限界がまるで分らないんですよ。
どこまでも、どこまでも、どこまでも、どこまでも、無限に加速が
伸びていく!

コースが狭かったので、更に伸びるスピードを泣く泣く抑えるしかなかったの
ですが。

このあたりから、コルナゴモデルらしい特徴が見えてきました。
エアロロードとしては実に珍しい乗り味なんですが
速度に乗ってくると「突進力」が強大になってきます。

「推進力」なんて生易しいものではなく、「突進」クラスですね。
コルナゴコンセプトエアロフレームから強大な剛性が発動するんですよ。
ある意味大馬鹿クラスのパワー。
なんだこりゃ? エアロロードのパワーじゃないぞ?
なるほど……COLNAGO CONCEPTエアロフレームは確かにコルナゴシリーズらしい
パワーを有しているんだな……と納得。
DSCN8716gre.jpg
(イメージ的には航空機ではなく、常にハイスピードで走る新幹線に近い)
COLNAGO CONCEPTは航空機の様に大パワーで離陸して
一気に音速を出すのではなく、徐々に加速した後に一気に(ある意味強引か)
新幹線の様な爆速で疾走するイメージ。

特に速度に乗ってからのパワフルさが印象に残っている。スピードが出れば
出る程コルナゴらしい剛性を生かした性能を発揮するのでは?

乗り味は硬くもなく、柔らかくもない。
エアロロードとしてはCOLNAGO CONCEPTのフレームは、剛性&パワー
主体で疾走する珍しいタイプかと。
( ;゚ω゚)……一言で言うと、大口径の砲撃力がある巨艦巨砲主義なパワーエアロロード。


上手く言えないですが、エアロ性能よりはフレームが持っている剛性やパワー
の方が前面に出ている。
しかもそのパワーが継続して提供されるので、長時間走行し易い。
DSCN8731fwe.jpg
DSCN8733fwewedfgfw.jpg
DSCN8723fgwewe.jpg
DSCN8714ge.jpg
DSCN8715gre.jpg
DSCN8718gdrg.jpg
DSCN8719ger.jpg
新型R9100シリーズのクランクセット
(´・ω・`)なんか、全然ペダルを踏んでもパワーが逃げないし。
確かにクランクアームが幅広だけど、剛性主体のエアロロード
CONCEPTにぴったりだった。

このデザイン宇宙人がデザインしたんだろうか。
DSCN8721gew.jpg
DSCN8732fwe.jpg
DSCN8727frwe.jpg
DSCN8728few.jpg
DSCN8726fwe.jpg
DSCN8720ger.jpg
ggeregge342.jpg
(´;ω;`)……そういえばフロント変速があまりに軽やかに決まったので
戦慄した記憶が……いいな。
自分で変速操作しているのに、まるでフルオートで変速しているかのような
不気味さ。

リア変速も楽器演奏の様に、軽くてリズムカル。あともう少しで、Di2電動変速の快適さに迫れるかもしれない。
Shimano - Dura-Ace (デュラエース) R9100 11スピードグループセット

Colnago - CLX (Ultegra - 2017)

2017年03月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 COLNAGO A1-R 105 DISC  A1-Rのディスク仕様モデルという事で、レース性能を追求したディスクモデル

imgrc0066213690.jpg
2017 COLNAGO A1-R 105 DISC AJWK ホワイト

コルナゴSTRADAシリーズの後継機「A1-r」

A1-rの素材はアルミトップグレードに採用される軽量かつ剛性の
い6011番を使用している訳ですが、それをディスク化した訳か。

ただちょっと気が付いたのですが、通常の2017 COLNAGO A1-R 105
とはフレーム形状が違いますよね??

imgrc0066213624.jpg
2017 COLNAGO A1-R 105
これが通常の通常の2017 COLNAGO A1-R 105な訳ですが……

キャリパーブレーキ仕様の通常版A1-R 105と比べて、A1-R 105 DISC 
の方がフレームがスローピング気味じゃないですか?

トップチューブとシートステーの間にも段差あるし。
ディスク仕様の方が、ロングライドでの使用や衝撃吸収性も意識してい
るのかな。
もちろん、レーシング性能も強化してあるんだろうけど。
とディスク化のせいもあると思うけど、A1-R 105 DISCのヘッドチューブ
の方が太目で短めではあるんですよね。


最近コーダーブルームファーナも、ディスク化しちゃったし、ここまで
ディスク化の波が激しくなるとは……

A1-rのフレームはストラーダとは違い、遂にケーブルがインターナル仕様。
一気にコルナゴアルミモデルが、新型に切り替わっていく感がある。
imgrc0066213683.jpg
STRADA SLの場合ヘッドチューブが短めで、より剛性や
レーシング性能を重視していた訳だけど。
その路線を「A1-R 105 DISC」も引き継いでいるか。
imgrc0066213684.jpg
STRADA SLの時代と同じく極太のダウンチューブ!
一応レーシングディスクモデルという扱い。

レース向けジオメトリーモデルの「A1-r」のディスク化というところに
意義があるのかもしれない。

多少ディスクブレーキ版COLNAGO A1-R 105 DISCはスローピング
気味のフレームなのですが……
あくまでコンフォートモデルや、ツーリング系アルミモデル
のディスク化とはちょっと違う傾向なんでしょうね。
imgrc0066213689.jpg
シフター SHIMANO 105
imgrc0066213688.jpg
imgrc0066213687.jpg
フォーク Street Carbon
imgrc0066213686.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R517 メカニカルディスクブレーキ

NEWスーパーSLR(新規格)対応のロード用ディスクブレーキキャリパーを採用。
コンパクトな外観で、障害物に当たりにくいロープロファイルデザイン。
(BR-R505より20%改善)

STRADA SL自体は、レースを意識した剛性とパワーを兼ね備えたモデル
だったから、その後継機の「A1-r」自体のブレーキ性能を強化したという
事か。
やはりレース環境下における、ブレーキ性能を強化するあたりが
コルナゴらしいです。
imgrc0066213685.jpg
素材はアルミトップグレードに採用される軽量且つ剛性の高い6011番を使用。
瞬発力ある軽快で機敏な走りを実現するバイクとなっています。
imgrc0066213682.jpg
imgrc0066213681.jpg
Fディレーラー SHIMANO 105
Rディレーラー SHIMANO 105 11S
クランク SHIMANO 105 50/34T
スプロケット SHIMANO 105 11-28T
imgrc0066213680.jpg
サドル SELLE ITALIA QBIK
imgrc0066213679.jpg
ホイール COLNAGO ALTEMIS
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORTS 700X25C
imgrc0066213694.jpg
2017 COLNAGO A1-R 105 DISC AJWK AJBR ブラックレッド
imgrc0066213693.jpg
imgrc0066213692.jpg
imgrc0066213691.jpg
【P最大18倍+クーポン(10/24 10時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】 2017モデルA1-R 105 DISC(エーワンアール105ディスク)COLNAGO(コルナゴ)ロードバイク【送料プランC】【完全組立】

2016年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 COLNAGO MONDO2.0 SORA  新型フレームに一新! 上位新型アルミモデル「A1-r」のアルミフレーム性能を エントリー価格で楽しめる!


imgrc0066213891.jpg
2017 COLNAGO MONDO2.0 SORA ホワイト

コルナゴのエントリーアルミロード「MONDO」フレームが
フルモデルチェンジしたのか……

今までのMONDOは軽量STRADA SLアルミフレームを採用して
いたわけだけど。
今度の2017年モデルから、フレームが新型インターナルフレームに
なった訳か。
でもって、素材はアルミトップグレードに採用される軽量且つ剛
性の高い6011番を使用。

Rディレーラー SHIMANO SORA
Fディレーラー SHIMANO SORA
クランク FSA CJ-40002ST OMEGA 50X34T
スプロケット SHIMANO SORA 11-28T

imgrc0066213884.jpg
2017 COLNAGO MONDO2.0 SORA トップチューブ部

フレームはハイドロフォーミング製法で成形され、溶接部はス
ムースウェルディング加工を施している。
本当だ。旧MONDO時代と同じく、ヘッドチューブ付近の溶接部
が滑らかになっている。

なんか、凄くいいアルミフレームをエントリーモデルに使用している
な……と思ったら、上位新型アルミモデル「A1-r」と同じアルミ
フレームを「MONDO2.0」にも採用しているのね。
imgrc0066213617jg.jpg
2017 COLNAGO A1-r トップチューブ部


快適性もあるが、えらく剛性が高い質のいいフレームらしい。
そう考えると、ブレーキ部やディレーラーにSORAスペックなんぞを
採用しているし。

操作感が、上位アルミモデルに近づけてあるというメリットも。
もちろん、上位新型アルミモデル「A1-r」のアルミフレーム性能を
エントリー価格で楽しめる訳だ。
imgrc0066213890.jpg
ハンドル COLNAGO ORIGINAL
ステム COLNAGO ORIGINA
シフター SHIMANO SORA
2017より新しくなったSORAを搭載することでハンドル周りのワ
イヤーが収納
imgrc0066213889.jpg
ブレーキ SHIMANO SORA
あ、助かる! ブレーキが新型SORAだ!
あの引きの軽いブレーキが、新型MONDO2.0で楽しめる訳だ。
いいな……何気にフルSORAスペックだったんですね。
imgrc0066213888.jpg
フォーク Street Carbon(アルミコラム)
imgrc0066213887.jpg
フレーム COLNAGO スーパーライトアルミ
imgrc0066213886.jpg
imgrc0066213883.jpg
外付け仕様だったSTRADA SL系アルミフレームだったのが
今回の新型MONDO2.0からインターナル仕様に。
imgrc0066213881.jpg
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT2 700X25C
imgrc0066213882.jpg
サドル COLNAGO ORIGINAL
imgrc0066213892.jpg
2017 COLNAGO MONDO2.0 SORA ブラック
imgrc0066213896.jpg
imgrc0066213893.jpg
imgrc0066213894.jpg
imgrc0066213895.jpg

上位新型アルミモデル「A1-r」と同じアルミフレームを
採用しているのだとしたら、エントリーモデルながら
走行性能に期待してもいいかもしれない。

個人的にコルナゴ上位カーボンモデルも好きだけど、
コルナゴ系系アルミモデルも実際乗って見ると走り
が美しくて、かなり好きだ。
【表示価格より割引!価格はメールにて】2017モデルMONDO2.0 SORA(モンドソラ)COLNAGO(コルナゴ)ロードバイク【送料プランC】【0824楽天カード分割】

2016年09月21日 トラックバック(0) コメント(0)