BIANCHI ビアンキ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ

ヴィンテージバイクイベントEroica Japanとリンクした 2018 Bianchi SELVINO Veloce (ビアンキセルヴィーノ)

1e0eac48fbe2d8ae3b2dfb624ee50fb2751b5c91.jpg

ヴィンテージバイクで未舗装路を走るイタリア発のイベント「エロイカ」。
トスカーナ州キャンティ地方地方で行われるこのイベントは、毎年5000人規模の参加者を集めている。

近年Eroica Japan 2017などのイベントが、日本において富士河口湖町にて開催。
(´・ω・`)イタリア以外の国では初めて海を渡ったこのイベントは、本年5周年になるのか……。
エロイカのグローバルスポンサーの一つであるビアンキ社は、Eroica Japan 2017へブース出展したりしてスチールバイクに力を入れていますね。
ci-550030_10.jpg
2018 Bianchi SELVINO Veloce (ビアンキ セルヴィーノ)
2018年モデルも継続して発売されている、SELVINO(セルヴィーノ)もエロイカイベントとリンクしたスチールバイクモデルの様です。
だからカンパニョーロ・ベローチェを採用して、イタリア色やクラシカルさを徹底的に強調している訳ですね。
SELVINO の背後にあるのがあの「Bianchi L'EROICA」か?
11029895_452015081624577_6059184210279502993_n.jpg
Bianchi L'EROICA
エロイカの公式ヴィンテージバイク「Bianchi L'EROICA」
イタリアの永遠のチャンピオン、ファウスト・コッピにちなんだ、エロイカの公式ヴィンテージバイク。
イタリア本国デザイン&生産されたモデルかあ。
レパルトコルサストア限定モデルで販売。
10410703_452015084957910_4660745944679588402_n.jpg
(´・ω・`)2015年頃から登場。
今の所、日本に何台入ってきたんだろう??
確かにイタリア色が強烈。ヴィンテージバイクイベントとか開催されると、こういうモデルが次々に出てくる環境になるんですね。
いいなあ……。
ci-550030_12.jpg
ci-550030_1.jpg
2018 Bianchi SELVINO Veloce (ビアンキ セルヴィーノ)
SELVINO(セルヴィーノ)のトップチューブに「Eroica Japan」の表示が。
Eroica Japanとリンクした、ビアンキスチールバイクという事か。

Bianchi SELVINO と言えば、コンポーネントにカンパニョーロのVELOCEを採用したクラシカルなロードバイク。
確かにこのモデルもEroica Japanにも使えるヴィンテージバイク系イベントにも、使える仕様とルックスですよ。

こういうスチールイベントとかあると、なんだか欲しくなってくるな。
ci-550030_2.jpg
シフター Dia Compe Ene W-shift Lever
大阪 株式会社ヨシガイが制作しているDia Compe製パーツを、ブレーキやシフターへ積極的に採用。
ci-550030_3.jpg
フレーム Lug Cr-Mo [main tube:Columbus Cromor]
ci-550030_7.jpg
ci-550030_5.jpg

フォーク Lug Cr-Mo 1 Thread
ブレーキ Dia Compe Gran Compe GC610

1950~60年代に主力だったセンタープルのキャリパーブレーキ。
Dia Compe製 Gran Compe GC610を採用し、当時の雰囲気を再現している。
CNC削り出しのアルミボディが美麗。
ci-550030_11.jpg
シフター Dia Compe Ene W-shift Lever
ci-550030_8.jpg
BB Th 7420AL 68x113mm
ci-550030_6.jpg
フロントディレーラー Campagnolo Veloce
ci-550030_13.jpg
クランクセットAndel 50/36T 170mm
ci-550030_14.jpg
タイヤ Keda K-193 700x25C
ci-550030_9.jpg
サドルBROOKS B-17 STANDARD
ci-550030_4.jpg
リアディレーラー Campagnolo Veloce
スプロケット Campagnolo Veloce 10sp 13/29T

【今だけ!予約特典付き】Bianchi(ビアンキ)2018年モデル SELVINO (セルヴィーノ) Veloce[ホリゾンタル][スチールフレーム]

2017年08月18日 トラックバック(0) コメント(0)

限定モデル情報 数量限定2018 Bianchi cielo Shimano Altus Disc Brake

ci-216149-o16_2.jpg
2018 Bianchi cielo Shimano Altus Disc Brake

ヽ('∀`)ノ おお、シエロ出るのか……!!

2018年モデルでは、もうお目にかかれないかと思っていましたぜ!!
とりあえず急ぎ記事にしました。

(´・ω・`)楽天きゅうべい様の方で、数量限定でビアンキクロスバイク・シエロを入荷したそうです。
コンポーネントShimano ALTUS仕様、フロントトリプルリア8速のトータル24段変速。
しかも扱いやすい&乗り易い27.5インチ。

2018年モデルのビアンキは、ローマシリーズに力を注いでいるので、シエロは出ないかと思っていたのですが。

シエロって、2018年モデルビアンキのラインアップに見当たらなかったですよね?
マットチェレステ、マットブラック、マットホワイトの3色展開。
ci-216149-o16_3.jpg
【スペック表】
フレーム Alloy
フォーク Suntour SF14-M3030-A 27.5, Suspension 1.1/8"
重量 ‐
シフター Shimano ALTUS
フロントディレーラー Shimano ALTUS
シフター Shimano ALTUS
リアディレーラー Shimano ALTUS 8sp
クランクセット Shimano ALTUS, 42/34/24T, 170mm
BB Shimano BB-UN26 68x122.5
チェーン KMC 8sp
スプロケット Shimano CS-HG41 8sp 11-30T
ブレーキ Shimano BR-M375 Disc-Brake
ブレーキレバー Shimano BL-T4000
フロントハブ Formula CL-1420 100mm
リアハブ Formula CL-1422 135mm
リム Alex MD17 32H
タイヤ Schwalbe KOJAK 27.5x1.35
ペダル VP-519S

ci-216149-o16_1.jpg
いずれにしても限定カラー・数量限定の貴重な2018年モデルシエロになりそうです。
きゅうべい様の方でこの限定シエロを入荷したそうなので、急ぎの方はチェックなさってみては?
《在庫あり》【数量限定モデル】Bianchi(ビアンキ)cielo(シエロ) Shimano Altus Disc BrakeBianchi[クロスバイク][シティー・街乗用][27.5インチ]

2017年08月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 BIANCHI MINIVELO8 BULLHORN サドル、コンポ、フレームなど一新し、変化が激しいモデルに!

imgrc0068130717.jpg
2018 BIANCHI MINIVELO8 BULLHORN
(´・ω・`)2018年モデルもMINIVELO8 BULLHORNが出ますね。
なんと2018年モデルから、フレームが「HITEN W/CROMO」になった模様!!
2017年モデルフレームはは「アロイスムースウェルディング」でしたから、フレームが少し細身になったかな?

メタリックブルー、ブルーグレー、ワインレッド、ライトブルー、チェレステクラシコなどカラーリングライナップも豊富に用意。
クロモリ系フレームになった訳だから、それに相性がいいカラーリングになったのか。
imgrc0068130716.jpg
imgrc0068130715.jpg
( ;゚ω゚)ブルー系やチェレステカラーが多い中で、唯一のレッド系カラー「ワインレッド」
2018年モデルはビジュアルがよりクラシックになっていいじゃないですか?
やはりアルミ系フレームとクロモリフレームとでは、発色具合が全然違うんだな。
imgrc0068130714.jpg
imgrc0068130713.jpg
ハンドル SATORIブルホーン
ブルホーンならではの前傾姿勢が楽しめる。
でも、ミニベロにブルホーンを持ってくると安定性が増して個人的に好きだ。
バーテープに麻系の外観を持ったアイテムを継続採用。
rsraegt436364343.jpg
DIA COMPE DC139 ギドネットレバー
ランドナーバーやドロップバー対応の復刻ギドネットレバー。ハンドル形状に合わせて広い範囲でレバーを引ける。
(´・ω・`)ブルホーンバーとの相性もいいという訳か。
imgrc0068130712.jpg
imgrc0068130711.jpg
Wレバー変速で、クラリス系コンポを操作。
レバー変速だから、変速操作の時一度ブルホーンバーから手を放す必要が生じる。
手元で変速操作可能なSTI変速に比べて、Wレバー変速はどうしても変速操作回数が減ってしまいますが。
でも変速操作に慣れてくると、変速感が楽しいんですよね。
imgrc0068130710.jpg

フォーク CR-MO
ブレーキ TEKTRO 992AG
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"

アルミ製亀甲フェンダーを、ドロップハンドルモデルと同じくブルホーンバーにも採用。
(´・ω・`)やはり2018年モデルは全体的に引き締まった印象を受けます。

imgrc0068130709.jpg
imgrc0068130708.jpg
フレーム HITEN W/CROMO
2018年モデルBIANCHI MINIVELO8 BULLHORNはフレームが美麗になりましたね。
imgrc0068130707.jpg
クランク PROWHEEL  52/42T

所で、コンポはモデルチェンジしたR2000系新型クラリスになるの?
という事はリアディレーラーはシルバーカラーじゃなくなる訳か。
(ただし変速性能そのものはパワーUPしているので、期待)
imgrc0068130706.jpg
(´・ω・`)おっ! サドルがモデルチェンジしている!
2018年モデルはレザーテイストか!
imgrc0068130704.jpg
リアディレーラー Shimano CLARIS
カセット シマノ HG50 8S 13/26T

imgrc0068130705.jpg
(´・ω・`)2018年モデルMINIVELO8 BULLHORNはサドル、コンポ、フレームなど一新し、変化が激しいモデルになりました。

とはいえ……
なんとなくだけど、最近ビアンキ系ミニベロってフレームが「クロモリ」化する傾向にあるのか。
年を追うごとに、ビアンキ系ミニベロってどんどん見た目がレトロ方向に進んでいますよね?
【2018モデル】BIANCHI(ビアンキ)MINIVELO8 BULLHORN(ミニベロ8ブルホーン)小径自転車【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年07月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 BIANCH PISA DROP 新型クラリス&fabric JAPAN Scoopサドルを新規採用!

imgrc0068136240.jpg
2018 BIANCH PISA DROPマットチェレステカラー
2018年モデルの PISA DROPは、新型クラリスを採用したおかげでハンドル周りのワイヤーもバーテープ内に。
ビアンキ系ミニベロにおいて、このモデルだけがSTI変速可能とあって正統派のカラーリング(マットブラック、マットチェレステ)を採用。
imgrc0068136239.jpg
シフター SHIMANO CLARIS
(´・ω・`)これは大分すっきりというかスポーティーなルックスになりました。
2015モデルから、PISA SPORTがドロップハンドル化してからこれで4代目。
ビアンキ系ミニベロシリーズにおいて、8BIANCH PISA DROPは実験機というか、なんでもありなのが魅力。
しかしながら2018年モデルは、ミニベロロードとして正統派路線に舵を切った模様。
imgrc0065919444tge.jpg
2017 BIANCHI PISA SPORT DROP BAR
2017年モデルなんて、ミリタリー系デザートカラーとか採用してかなり遊んでいたじゃないですか?
この頃は旧クラリスなので、シフターが角出し仕様。
この頃は、変速段数を確認可能なインジケーターもあった訳で。

imgrc0068136238.jpg
ブレ-キ TEKTRO キャリパーブレーキ
(´・ω・`)で、これが最新の2018 BIANCH PISA DROP。
ビアンキアルミロードを、ミニベロ化したかのようなルックス。
ブレーキもドライブトレインも、全てロード系パーツ採用。
imgrc0068136237.jpg
フォーク ハイテン
タイヤ KENDA K193 20 X 1-1/8(451)

451規格の20インチホイール路線も健在。
imgrc0068136235.jpg
フレーム アロイ20
ビアンキ伝統のレバー変速ミニベロモデルではないので、流石にフレーム周りもスポーティー。
imgrc0068136236.jpg
カラーリングはどこを見てもチェレステ。
人気モデルだけあって、カラーリングにも力が入っています。
imgrc0068136234.jpg
Fメカ SHIMANO CLARIS
クランク SHIMANO FC-RS200 50/34T

リア8スピード対応のチェーンガード付きクランクセット。
imgrc0068136233.jpg
サドル SCOOP
fabric JAPANのScoopサドルを採用! しかもチェレステカラー仕様ですよ!

Scoopは、耐久性・耐水性に優れたマイクロファイバーに包まれておりグリップ性に優れながら、自由な動きを妨げません。
(伝統的なサドルに必要とされた鋲や余分な材料を排除。さらにクリーニングの簡単さも歌われている)
imgrc0068136241.jpg
2018 BIANCH PISA DROP マットブラック
(´・ω・`)逆にマットブラックカラーのロゴは、全てチェレステカラー仕様。
やはりBIANCH PISA DROPはデザイン面で、「遊び」を入れる所があって実に面白い。
imgrc0068136242.jpg
( ;゚ω゚)ロゴとサドルのチェレステカラー意外、全てがオールブラックではないですか?
やはり2018年モデルのカラーリングは正統派路線ではありますが、どことなく攻めていますね。
【2018モデル】BIANCHI(ビアンキ)PISA DROP(ピサドロップ)小径自転車【送料プランB】 【完全組立】

2017年07月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 BIANCHI MINIVELO10 DROP ドロップレバーと補助レバーが一体になっている!

imgrc0068130651.jpg
2018 BIANCHI MINIVELO10 DROP

2018年モデルBIANCHI MINIVELO10 DROPについてなんですけど。
ブレーキレバーに「補助レバー付きドロップレバーDIA COMPE DC-165」を採用!?
DC165b a
1970年~2000年代に世界を席巻したダイアコンペ製ブレーキを持ってきて、スポルティーフ感を演出。
更にこのセーフティーレバーはドロップレバーと補助レバーが一体となっています。
(´・ω・`)実際この補助ブレーキレバーで、カンチブレーキを操作するとなると、どういった感じになるのか。
ちょっと、仕上がりが楽しみですね。
imgrc0068130644.jpg
フレーム コロンバス製クロモリ

2017年モデルと同じく、2018年モデルも コロンバス製クロモリを採用。
走りはシルキーだけど、クロモリながら割とスピード重視のフレームです。

何気にアルミフレーム系ミニベロにも負けない位、剛性と快速性があります。
imgrc0068130650.jpg
DIA COMPE DC-165の補助ブレーキ位置なら、フロントバッグを積載してもブレーキレバーに干渉しなそうですね。
よく考えてあるな……
imgrc0068130649.jpg
ハンドルの握り心地がさらりとして、実に夏向き。
imgrc0068130648.jpg
ブレーキ TEKTRO 992AG
TEKTRO 992AGはいくらかブレーキレバーの引きを強めにする必要があった。
出来ればシマノ製などにして、ブレーキ性能を向上させたい所。
imgrc0068130647.jpg
imgrc0068130646.jpg
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"
アルミ製亀甲フェンダー
割と綺麗に打ち出してあって、剛性も高そうな感じだった。

imgrc0068130645.jpg
シフター DIA COMPE ENE W-Lever
え!? 2018年モデルもDia Compe ENE W-シフトレバー仕様!?

これでCampagnolo VELOCEを変速操作するのか……
ある意味、オーナーにしか分からない変速を楽しめる訳で
imgrc0068130643.jpg
ダウンチューブのビアンキロゴ。かなり目立ちますよ?
20160729164743465ge.jpg
これは2017年モデルのダウンチューブ画像ですが。
ゴールドの装飾のインパクトが強くて、必ず目を奪われます。

imgrc0068130642.jpg
imgrc0068130641.jpg
フロントディレーラー CAMPAGNOLO VELOCE
クランク ANDEL RCS7-277PW 52/42T

imgrc0068130640.jpg
サドル Saddle Brooks B17 standard
imgrc0068130639.jpg
レザー製サドルバッグ
BIANCHIのロゴがあしらわれています。
imgrc0068130638.jpg
2017年モデルもレザーは肉厚で、更に縫製もしっかりしていました。


imgrc0068130637.jpg
リアディレーラー CAMPAGNOLO VELOCE
カセット CAMPAGNOLO VELOCE 13-29T
ガクガク((((;゚Д゚))))ブルブル 2018年モデルもいきなり完成車なのにカンパ系コンポを持ってきたか……
jyhee.jpg
これは、かつてのビンテージ系ビアンキモデルなんですが。
2018 BIANCHI MINIVELO10 DROPって、やはり70~80年代辺り?のビアンキモデルカラーやロゴデザインの影響を大きく受けている印象を受けます。

現在手に入るパーツを用いて、限界までかつてのビアンキに迫った感じ。
たからこそ、イタリー系パーツを採用しているんでしょうね。
【2018モデル】BIANCHI(ビアンキ)MINIVELO10 DROP Veloce(ミニベロ10ドロップベローチェ)小径自転車【送料プランB】 【完全組立】

2017年07月19日 トラックバック(0) コメント(0)