DAHON ダホン スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DAHON ダホン

【速報版】本体重量6.97kg!! 2018 DAHON DOVE PLUS ダホン史上最軽量モデル!! 日本国内市場へ一気に投入!!!


item_0000001797_01cs.jpg
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

ついに……
ついにこの時が来た……!!
あのダホンが、遂に圧倒的な本気を出してきた!!

本体重量6.97kg!! なんとダホン史上最軽量モデル、日本国内市場へ一気に投入!!!

imgrc0068022436.jpg


DAHON史上最軽量モデル『2018 DAHON DOVE PLUS』!!
( ;゚ω゚)……本体重量6.97kg!!
折り畳み時のサイズもダホン試乗最小クラス!!!!

マジかよ……!!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 軽すぎでしょうが!!


どれだけ新型2018 DAHON DOVE PLUS軽いか、あえてルノーウルトラライトシリーズと比較すると……

201611041928382bfdcewbvdsf.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7
公式7.4kg(実際は7.3kg)
20170217105943ec5vsfeqw.jpg
2017 RENAULT MAGNESIUM8(MG-FDB167) 参考出展版
<変速付きで8.2kg! 


(´・ω・`)ちなみに14インチシングルスピード2017 RENAULT MAGNESIUM6(MG-FDB140) 14型 超軽量マグネシウムフレームは
本体重量(ペダル、スタンドを除く)6.7Kg!!


( ;゚ω゚)……ルノーはマグネシウムフレームを投入して、ようやく6.7kgという数字をルノーは叩き出した訳ですよ!!?
それなのに……

imgrc0068019003.jpg
( ;゚ω゚).軽量さを極めた新型DOVE PLUSは、アルミフレームながら6.97kgですよ!!??
チタンやマグネシウムフレームではなく、アルミフレームで6kg台をダホンは達成しちゃったわけ??
マジでアルミフレーム?? ほっ、本気? アルミで6kg台なんてありえへんやろ!!!???? 
まさに狂気の超軽量アルミフォールディングモデル……



imgrc0068019004.jpg
2018 新型DAHON DOVE PLUSスペック
フレーム:DALLOY SONUS Aluminum VICE GRIP
ハンドルバー:ONEPIECE HANDLEPOST
ブレーキ:V BRAKE
リム:ALUMINIUM
タイヤ:KENDA K-1029 14X1.35 F/V
変速:なし
コンポ:F:なし R:なし
シフター:なし
クランク:42T
カセット:9T
キックスタンド搭載
ペダル:FOLDING ALLOY
適合身長:142-180CM
フォールディングサイズ:W62xH56xD30cm
重量:6.97kg(ペダル、スタンド除く)

( ;゚ω゚).なるほど……ハンドル高は調節できないか? シングルスピード仕様で……
兎に角アルミフォールディングモデルにおける重量面での限界に挑んだ訳ですね。
高い衝撃耐久性を実現したVICE-gripテクノロジーを採用。
imgrc0066167694.jpg
2017 DOVE UNO 重量:8.8KG
これは初代2017年モデルの DOVE UNOですが。
2017 DOVE UNOを更に軽量化を図ったということが、新型2018 DAHON DOVE PLUSということか。
imgrc0066167673.jpg
( ;゚ω゚)……え~っと一番驚いた点は、あのダホンが……こんな2018 DAHON DOVE PLUSみたいなチャレンジャー的な超軽量モデルを出してきたことですね。
マジでダホンブランドで、ここまでやるのかよ……なんかダホンが突き抜けた感がありますね。


まさに、『2018 DAHON DOVE PLUSショック!』と命名してもいいですよ…… 

もしかして、ミニベロ界は軽量化が一段と進むんだろうか……多機能ではなく軽量化か。
なんか色々な意味で、流れが変わってきた気がする。
とりあえず今回は【速報版】ということで、急ぎ記事にしました。
【ポイント最大8倍(6/15 0時まで)】DAHON(ダホン)DOVE PLUS(ダブプラス)2017モデル 折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月14日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】海外ダホンモデル「2018 DAHON CURL i7」(2018 ダホンカール i7) 海外DAHONにおいて、なんと内装7速仕様のDAHON CURLが登場!?



f7b24d24_img_20170324_131129 (1)ew
【速報】!!

台湾のDAHON international 2018展示会において、 創立35周年を記念した
「2018 DAHON CURL i7」のアナウンスがあったらしい。
シマノ内装3段変速ではなく、内装7段変速!?
(´;ω;`)……すげっ! 日本に入ってきてくれたら嬉しいのだけど。
頼む……2018 DAHON国内販売ラインアップに2018 DAHON CURL i7が加わってくれ……。

ドライブトレイン Shimano i motion 7
フォーク Dally aluminum integrated patented Fusion technology
ハンドルポスト Radius Telescope,adjustable, patented Fusion and V-Clamp technology,forged aluminum
ブレーキ Tektro Dual Pivot Alloy caliper brakes
重量12.53kg
16インチホイール


アルミフレームと、内装7段
新型ダホン2018 DAHON CURL i7(ダホン カールi7)は、ロングホイールベースが特徴。

折りたたみ自転車としては、驚くほどの小型パッケージを兼ね備えています。
見た目ブロンプトンを思い出させますね。
しかし、折り畳み可能な状態で内装7段変速ギアを搭載している事に驚きです。

このあたりに、ブロンプトンとダホンの差別化を図っているのでは?

f7b24d24_img_20170324_131129 (1)
今までのDAHONバイクシリーズと同様、CURLは「自由が広がる」という考えを具現
化。
コンパクトに折り畳むことが可能な為、オーナーの行動範囲を広げ、輪行などに順
応させる柔軟性があります。

多くの革新のおかげで、この自転車は、市場にある折りたたみ自転車よりもすばやく折り畳
まれ、トランク、机の下、荷室などにフィット。
必要なときに簡単にバスや電車に飛び乗ることが可能なので、長旅などにもってこいですね。

dahon_international_2018.jpg
( ;゚ω゚)大変な力の入れ様ではないですか? CURL i7にとんでもない期待がかかっている事が伺えます……

(´・ω・`)もし日本に「2018 DAHON CURL i7」が入ってくるとしたら、武田産業経由の
ダホンインターナショナルという事になるのだろうか?

アキボウ系ダホン国内モデルで「2018 DAHON CURL i7」が日本市場に投入されたら
それはそれで面白そうですね。
ダホン [DAHON] 【お店で受取り選択可】 2017 Mu SLX (ミュー SLX) 20型 折りたたみ自転車

2017年04月06日 トラックバック(0) コメント(0)

【超高速対決】ダホンインターナショナルDAHON Vigorシリーズと、tern Surgeシリーズを比較してみた。

DSCN8793ed (2)
2017 DAHON Vigor LT (ダホンヴィガー LT)
DSCN8916cds (1)
Surge Ltd.仕様 ノーマルtern Surge

ダホンインターナショナルDAHON Vigor シリーズと、ターンエアロモデルSurgeシリーズの
戦闘性能を比較してみました。
この比較データーは、2016 DAHON Vigor D11とノーマルSurge Ltd.仕様(105)
から考察しております。

いずれにしても、フルサイズのロードモデルに対抗するならこの二台が
筆頭に挙げられますね。
DSCN8789cdw (1)
hqdefault.jpg

(ゼロ加速性能)
基本的に(´・ω・`)DAHON Vigor が加速性能は
Tern Surgeを圧倒していますね。
極太ハイドロフォーミングフレームのパワーを最大限に生かしたモデルですので、
ちょっと現行のミニベロではDAHON Vigor のパワーには
勝てないと思います。

あの高剛性フレームから繰り出される猛加速は、ちょっとミニベロ離れした犯罪クラスのパワーというか。

特に瞬間的な、加速性能においてはロードすらも圧倒。
(特に平坦な路面でのスプリント性能は圧倒的)
BHやリドレーなどの高剛性モデルに近いかもしれない。
ただし、脚はかなり消費するので注意。

もちろんTern Surgeも、451規格の20ホイール
を生かしたダッシュ力があるんですけどね。

DSCN893bfd.jpg
file_20081215T132913979.jpg

(高速性)
高速性&巡行性能を発揮できる、Tern Surgeが有利。
高速巡行を持続させるなら、間違いなくTern Surgeですね。

乗り味がフルサイズのエアロロードに酷似した走りをするんですよ。
脚も試乗後、かなり楽で余裕がありましたし。
ある意味、「エアロロードの性能をミニベロ化することに成功した高速仕様のミニベロです。
高速領域に突入するとエアロアルミフレームが、真価を発揮しますね。
怖い程速度が落ちませんから。


(ミニベロ本来の街乗り性能は?)
(´・ω・`)両モデル共にOK。
Tern Surgeは街乗りで使いにくいかな?と思っていたのですが、逆でした。使い易い。
頻繁なコーナーリングや、ストップアンドゴーにも対応可能。

DSCN8931csa (1)
(実は両モデル共に、多少の快適性を犠牲にしている)

DAHON Vigorはやはり剛性を優先させている分、快適性は
ある程度犠牲になっています。

だからこそ、あの天下無双の加速性能を獲得しているんでしょうね。
あの極太フレームを見ていると、いかに「最新のカーボンモデルの
パワーをフォールディングモデルで再現させるか」という事を
第一にしている気がする。
脚力を豪快に、速度に変換していく能力があるんですよ。
豪脚の方なら、DAHON Vigorの性能を100%引き出せるはず。


Tern Surgeも縦剛性を優先させている分、快適性はあまりないです。
ただし、DAHON Vigorと違いエアロフレームの恩恵がある様で、体力
面での消費が少ないはず。
基本エアロロードの性能をミニベロで再現させているので、エアロロード
の長所をそのまま楽しめますよ。


DSCN8930cds (2)

(まとめ。結局どちらが優れているか?)
(´・ω・`)うーん、乗り手によるでしょうね。豪脚の持ち主なら、DAHON Vigor
の爆発的な加速性能を絶賛するだろうし。
エアロ性能や高速性を欲している方ならTern Surgeを称賛するでしょう。
購入後の使用目的で判断するしかないです。
ただ、コスト的にはTern Surgeの方が抑えられるかな?
o0800050012399322784dwqw.jpg
いずれにしても、両モデル共に高速化に成功した次世代のスピード
ミニベロなんですよ。
DAHON Vigor シリーズは高剛性極太フレーム、Tern Surgeエアロ性
能で走るモデルに成功したモデルなのは間違いないかと。
両モデルの性能を比較するとこうなります↓

加速性能 DAHON Vigor >Tern Surge
高速性  DAHON Vigor <Tern Surge
ブレーキ性能 DAHON Vigor >Tern Surge
快適性     DAHON Vigor <Tern Surge
コーナリング性能   DAHON Vigor <Tern Surge

街乗り性能   DAHON Vigor =Tern Surge
ターン [tern] 【お店で受取り選択可】 2017 SURGE(サージュ) 20型 ミニベロ
ダホン [DAHON] 【お店で受取り選択可】 2017 Vigor LT (ヴィガー LT) 20型 カラー:ガンメタル 折りたたみ自転車

2017年04月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 DAHON HELIOS LIMITED(ダホン ヘリオスリミテッド) 試乗体験インプレ  オーソライズドディーラー限定カラー 最近のアキボウ系国内販売モデルダホンって、デザイン面を 滅茶苦茶強化してきている印象を受ける。



DSCN8891ds (2)
DAHON HELIOS LIMITED(ダホン ヘリオスリミテッド)  オーソライズドディーラー限定カラー
に試乗しました。
これがオーソライズドディーラー限定カラーのレトログリーンカラーか……
(´・ω・`)……今までブラックとかシルバー系の多かったけど。随分、今風のカラーになりましたね。

やはりダホン国内販売モデルを扱うアキボウモデルの長所って、
見ての通りデザイン性&ファッション性に優れている点にあると思います。



DAHON HELIOS LIMITED試乗体験インプレ


スピードの乗りが良く、基本的にストレートに強い。(走行安定性はしっかりと
している。)ハンドルは低速だとクイック。



やはり変速機が無いシングルスピード仕様なので、走行中ストレスが少ない。
ストップ&ゴーが得意で、ぺダルを回すと小気味良く加速してくれる。
街乗りでスポーティーに乗るのに適したミニベロです。
変速機がない分、脚でスピードをコントロールしている感覚。
ぶっちゃけ、スポーティーなシングルスピードを作らせたら、やっぱり
DAHONですね。

クロスバイクには負けるが、20インチホイール仕様の恩恵が大きく
クロスバイク一歩手前の走行性能を獲得している。街乗りシングルスピード
仕様でスポーツ性を発揮させたかったら、やはり20インチか……

長距離をスポーティーに走るのではなく、街乗りをシンプル&スポーティーに
走るのに適しているのかな。

DSCN8886cd (2)
ハンドルポスト・ステム Radius onepiece post, Rightside folding, H:330mm, 8deg
(´・ω・`)やはり走行安定性と軽量性を追求したモデルですね。
元祖軽量ミニベロですけど、まるで走行性能を犠牲にしていない点が
素敵。
DSCN8891ds (1)
ハンドルカラーはブラック。
DSCN8901cd (1)
ブレーキ Promax RC482
DSCN8889cda (2)
フォーク Dahon Slip Stream straight aluminum fork

DSCN8886cd (1)
タイヤ Kenda Ksmart, 20 × 1.35, F / V
軽量性に優れたDAHONProホイールを標準装備
DSCN8894dcs (2)
クランク Dahon Supra, 53T w / CNC chainguard
レトログリーンカラーとシルバーのクランクのコントラストが
美しかった。
DSCN8889cda (1)
この角度からですと、ブレーキケーブルが見えませんが。
DSCN889cd6 (1)
こんな風に配置されていたんですね。
DSCN8895cd (2)
ペダル Follding alloy body
DSCN8895cd (1)
フロントディレーラー台座が用意されていました。
将来の多段化も用意。
DSCN8897cd (1)
フレーム  Dalloy Sonus Aluminum, Re-Bar & Vice Grip technologies
DSCN8901cd (2)
カスタムベースとしての拡張性を考慮し、スペーサーを外せば11段カセット取り付
け可能なハブを使用。

DSCN8894dcs (1)
DSCN8897cd (2)
シートポスト Aluminum seatpost, 33.9 × 580mm
重量は9.6Kg
軽快な走行性能というよりは、持ち運びにおける軽量性を追求したモデル
なのでは。
その上、しっかりとした走行性能を有している。

あとレトログリーンカラーデザイン完成度は非常に高い!
足元から、お洒落をするにはうってつけのミニベロだ。

(´・ω・`)なんか最近のアキボウ系国内販売モデルダホンって、デザイン面を
滅茶苦茶強化してきている印象を受ける。
【P最大12倍(3/28 10時まで・エントリ含)】DAHON(ダホン)HELIOS LIMITED(ヘリオスリミテッド)2017モデル折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年03月27日 トラックバック(0) コメント(0)

ダホンインターナショナルモデル DAHON Vigor LT (ダホン ヴィガー LT)& Vigor D11を見学しました。

DSCN8793ed (2)
2017 DAHON Vigor LT (ダホンヴィガー LT)

噂のSRAM Forceフルコンポーネント&ドロップハンドルモデル、
DAHON Vigor LT (ダホンヴィガー LT)の画像です。

試乗できるかどうか確認したのですが、調度2台共調整中ということで、
今回は撮影のみ。

高剛性 Vigorフレームに、451ホイールの存在感が強烈過ぎました……
以前怪物と言いましたけど、実際のVigor LTは恐竜みたいだった。

ああ、試乗してみたかった……もしかしたら2017年モデル系ミニベロ
最速モデルだった可能性も……

私の他にも、他に2名様程撮影されていた方も。
やっぱりみんな注目しているんですね。
DSCN8789cdw (1)
DSCN8795cw (1)
ハンドルバー 6061 Aluminum Drop Bar,400mm
シフター Sram Force Mechanical Shifters

その内電動コンポーネントRED eTapを採用しそうな
勢いではないですか。

DSCN8791ewq (2)
リム 451 Lightweight Aluminum Double Wall
Tires/Tube Schwalbe DURANO RaceGuard Wired 20"*1-1/8(28-451) F/V

451ホイール(しかもSCHWALBE Durano)化したのか……
だれだけ高速性を維持できるのか確認したかった。
DSCN8789cdw (2)
Bottom Bracket Sram Force GXP XR 68mm
クランク Sram Force 53/39T×170mm

ペダル MKS Promenade EZY Black

SRAM Force をフル採用!!
ガンメタル VigorフレームとスラムForceのカラーリングがまるで
凶器の様だった。
DSCN8794.jpg
サドル SelleRoyal 1286DRN
Vigorシリーズは一瞬で加速出来るハイパワーモデルですけど、ドロップ
ハンドル化&451ホイール化したことでどこまで走行性能が変化した
のか気になる所。
DSCN8795cw (2)
2017 DAHON Vigor D11 (ヴィガー D11)
2016年に日本初上陸を果たした、ダホンインターナショナルモデルの
フラグシップ。
ブラックから、いきなりシルバーになったのか。
406ホイールだからと言って舐めてはいけませんよ。
DAHON Vigor D11の高剛性の高さは、海外でも話題になっていますし。

Shimano 105と Shimano DEORE XT BR-T780 V-ブレーキを採用し
極限まで406ホイールの高速性を高めたミニベロだ。
DSCN8791ewq (1)
うーん、相変わらず弓矢の様なゼロ加速性能は健在そうだ。
フレーム自体が、飛び道具みたいなモデルだからな……
DSCN8793ed (1)
ダホン [DAHON] 【お店で受取り選択可】 2017 Vigor LT (ヴィガー LT) 20型 カラー:ガンメタル 折りたたみ自転車


ダホン [DAHON] 【お店で受取り選択可】 2017 Vigor D11 (ヴィガー D11) 20型 カラー:クロム 折りたたみ自転車

2017年03月24日 トラックバック(0) コメント(0)