Eddy Merckx  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Eddy Merckx

ベルギーEddy Merckx Sallanches 64やSan Remo 76 、Mourenx 69などを見学する。


SALLANCHES 64 1
Eddy Merckx Sallanches 64
ミドルグレードのフルカーボンモデルだそうです。
BBはShimano BB86仕様。チェーンステーが左右非対称構造で
徹底した剛性重視。

オールラウンド(多用途バランス重視)モデルだそうです。
ブレーキまでフル105ですね。ホイールまでシマノ製と、非常に真面目な仕様。
(サードパーティー系のパーツは一切排除する方針だそうな)
Sallanches 64というのはエディメルクス氏が、フランスサランシェでアマチュア大会
で優勝したことを記念した名前だ。
SALLANCHES 64
DSCN4517cfsd (2)
フォークが細くて、尖っているのが気になる……
Sallanches 64は28Cサイズまで装着OK。エアボリュームで快適性や走破性も
稼げるという訳か。
DSCN4516fds (2)
DSCN4500fc.jpg

シートチューブが若干えぐれている……
全体的にベルギーモデルらしく剛性高そう。なんという角ばったカーボンフレーム
なんだそう。
もちろん、角ばりつつもベントしたシートステーの衝撃吸収性も稼ぐ計算を
しているんだろうけど。
DSCN4523cs.jpg
やはりEddy Merckxはベルギーのロードモデルらしく
剛性重視で硬いフレームが特徴だそうです。
ただ、エントリーモデルながらここまで剛性を高めて
いるモデルもちょっと珍しいので、興味深々でした。
DSCN4519cds (1)
DSCN4494fcd.jpg



DSCN4503vsd.jpg
Eddy Merckx San Remo 76 ディスクブレーキ仕様

ミドルグレードレーシングモデル「San Remo 76」のディスクブレーキ仕様
パワー伝達とエアロ性能にこだわった、真の高性能レーシングバイクをデ
ィスク化。
San Remo 76は、スプリンタークラシック「ミラノ~サンレモ」が元になっている。
DSCN4506ds (1)
DSCN4505vfds.jpg
12mmスルーアクスルを採用。
DSCN4504vsd (2)
これがセカンドグレードになるのか。
思ったよりも角ばっていない。どちらかというとボリューム優先の剛性重視?
DSCN4504vsd (1)
DSCN4509vsd.jpg
プレスフィットBB86
DSCN4511vds (2)


DSCN4515fdcs (2)
DSCN4515fdcs (1)
Eddy Merckx Mourenx 69
DSCN4513cds.jpg
Mourenx 69 は、ロングライド用のエンデュランスバイク。

やや高めのヘッドチューブと短めのトップチューブにより、長距離レースで欠かせ
ないやや上半身を起こしたアップライドなポジションを取れます。

エンデュランスバイク用バイクということで、確かにボリューム感が抑え気味で
すっきりしたフレーム形状。
とはいえ、やはりどこかフレームが角ばっているので、そのあたりで細い
フレームながら剛性を稼いでいる印象を受けました。
DSCN4506ds (2)
全体的な感想として、素直にエントリー&ミドルグレードながら剛性重視の姿勢が
出ているな……といった所。
どんな環境下においてもパワーをコントロールし、推進力に変換できるフレーム
か。
ミドルグレードレーシングモデルSan Remo 76 も、ロングライド用Mourenx 69
オールラウンド(多用途バランス重視)モデルのSallanches 64も使用目的に
応じたフレーム形状になっている。
(品質管理においても徹底していて、全てのカーボンフレームをCTスキャンして検査している)
Eddy Merckxのバイク。サイズ一部入荷!最大40%オフ中!

2016年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)