BRUNO(ブルーノ)  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BRUNO(ブルーノ) 

スイスブランドBRUNO 700C TOURING DROPの2016モデル が税込 58,752 円! 超いい感じでセールしていますよ!

imgrc0065190532.jpg
imgrc0065190593vbzsd (1)
スイスブランドBRUNO 700C TOURING DROPの2016モデル
が、超いい感じでセールしていますよ。

メーカー希望小売価格68,000円 (税込 73,440 円)→価格54,400円 (税込 58,752 円)送料別

今現在450mmサイズが (適合身長:450mm:150cm~167cm)
在庫で残っている様です。
それすらも、完売しそうな勢い。
いいなあ、5万円台で700C TOURING DROPが購入出来る
のか。
フロントトリプル×リア7速仕様。クロモリフレーム。
ブレーキはなんとSTI&カンチ仕様という、お気楽ツーリングモデル。

あとツーリングモデルながら、デザイン性の高さは一級品。
英国ブルックスパーツとの相性も凄くいいスイスロードだと
思います。
imgrc0065190595vbzsdf (2)
そうか、通常でも7万クラスで、こんないいデザインのク
ロモリツーリングロードが手に入ったのか。

オプションを付けない状態だと、フレームが華麗に見えますね。



モデル:BRUNO(ブルーノ)700C TOURING DROP(700Cツーリングドロップ)
フレーム: AY73 ORIGINAL CR-MO TUBING
フォーク:ORIGINAL CR-MO TUBING
ブレーキ:Shimano Canti Brake
タイヤ:Kenda K-west 700 x 32C
サドル:BRUNO ORIGINAL
リム:6061 ALLOY
シフター:Shimano STI
コンポ:F Shimano R/Shimano
変速:21SPEED
重量:11.4k

imgrc0065190595vbzsdf (1)
これはグレイスブルー。
別売りのオプションに、バニアバッグとキャリアーを取り付けると更に
華麗に見える。
取り付けてあるリアバニアバッグは、別売りの
BROOKS LAND'S END REAR PANNIER(ブルックスランズエンドパニア)
だと思われます。
英国ブルックスの本格的軽量防水パニアバッグ……今度余裕が出たら、こっそ
り個人用に買っておこう。
imgrc0065190593vbzsd (2)
DSCN8775mvh (2)

サイクルモード時においてBRUNO 700C TOURING DROPの
参考展示車があったけど。
サドルまでブルックスで固めると、こうなる。
やっぱり、ブルーノはブルックとの相性がいいということを、再確認。
ちょっとサドルをバニアバッグをブルックスで統一するだけで
こんなに700C TOURING DROPのビジュアルが変わるのか。
とりあえず、700C TOURING DROPが値引きされた価格で、ブルックス
パーツを買い足していくのも楽しそうだ。
【P最大16倍(1/14 2時まで・エントリ含)】【数量限定大特価!/2016モデル】700C TOURING DROP(700Cツーリングドロップ)BRUNO(ブルーノ)【送料プランB】

2016年01月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BRUNO VENTURA DROP(ブルーノ ベンチュラドロップ) 渋いブルックスサドルにギドネットレバー、Wレバー変速を楽しめるツーリング系ミニベロ!



ff3992ce.jpeg
ブルーノのベンチュラが復活したそうですが……
フレーム形状が偉く変わりました。とりあえず旧ベンチュラの画像で
かつてのフレーム構造を確認してみましょう↓

img58136453hh.jpg
これは2012 BRUNO VENTURA Tなんですけど。
この旧モデルの場合、シートクランプあたりからダウンチ
ューブの真ん中あたりまで繋がっていますよね。
やはりフレーム構造が大幅に変更になっています。

新2015年モデルの場合、トップチューブあたりで今度は
接合しているのかな?
トラス状のフレームじゃなくなったのか。
よりロングライドなどに使える様、乗り心地重視になったみたいだけど。

05894b2.jpeg

やはりツーリング系ミニベロという事で、 MINIVELO20 ROADと同じく
ダイアコンペ DC139ギドネットレバーを採用していますよ!

しかも見ての通り、ダイアコンペのハンドレストDIA-COMPE/DC-138
もベンチュラにもってきているのです。

ブルックスサドルと合わせて見ると、これまたビジュアルが渋い! 
これはなんて渋いミニベロなんだ!

これは徹底的にツーリング路線にこだわった仕様ではないですか。
まるでカスタマイズ後みたいなベンチュラ?

STIシフター&キャリパーブレーキ路線はとらない模様。
bb051ca.jpeg
というわけで、変速は手元のSHIMANO W LEVERで行う事になります。
499d5ee.jpeg
カラーは2色でMETALLIC MOSS
1e117a.jpeg
このカラーはSTONE GRAY
フレームカラーごとに、ケーブルカラーも異なる。
90912b2.jpeg
チューブがシートクランプあたりからトップチューブに接合して
いるあたりが2015年ベンチュラモデルの特徴。
3d8c348.jpeg
フレーム  AY73 ORIGINAL CR-MO TUBING
f7e65585.jpeg
コンポ FフロントディレーラーSHIMANO CLARIS
リアディレーラー SHIMANO ALTUS
フロントダブルのリア8速(2×8)
838b09eb0aa3ac6d4bb3e.jpeg
746fe0c.jpeg

ハシゴ型のトップチューブが特徴。なんとなくミキストフレームっぽくて
扱いやすくなった感もある。
きちんと、カンチブレーキワイヤー受けも付いているんですね。
カンチブレーキはシマノ製だそうだ。
df1c5b42.jpeg
タイヤ パナレーサー MITITS TOUGH PT 20X1.25
パンクに優れた耐パンク性能を重視。ツーリングに使える小径タイヤ
を持ってきています。
bd8c4ffd.jpeg
ツーリング系ミニベロなだけあって、なんとサドルにBROOKS B17 STANDARD
が最初から付いてきます。
クロモリフレームで本革サドルだからさぞや重いだろうと思っていたら
重量は9.9kgだそうだ。
1c88fec8.jpeg
ギドネットレバーに、Wレバー変速だから、今までのベンチュラとは違う操作性が要求
されそうです。
ベンチュラって、シフターにラピッドファイヤータイプだったり
グリップシフターだったり、STIだったり、様々な変速機を取り付け
られてきましたが。
以前のWレバー路線に帰ってきたのかな? という感じもします。

元々ベンチュラは速度も出せるけど、低速でも楽しく乗れるミニベロ
ですので、この2015年モデルがどういう仕上がりになっているか
個人的に楽しみ。
2014モデルVENTURA 406sus(ベンチュラ406サス)カラー:ミントブルーBRUNO(ブルーノ)【送料無料!】

2014年09月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BRUNO DAY TOUR 700C FLAT(ブルーノ デイツアー700Cフラット) カンチブレーキ&スタッガード仕様

05a411.jpeg
BRUNOのツーリングモデル TOUR 700Cシリーズに
フラットバータイプが登場したのですね。

名称は「DAY TOUR 700C FLAT」シリーズというそうですけど
ツーリング系フラットバータイプというのも、珍しい。


しかもBRUNO TOUR 700C DROPのロングキャリパーブレーキ
仕様と違い、こっちはカンチブレーキ仕様なんですよ。


だからカンチブレーキを採用している事によってクリアランスを確保した
らしく、最初からフェンダーが付いてきています。更にタイヤサイズも
700X32Cとかなり太め。

ギアはフロントトリプルに、リア7速。
街乗りとツーリング双方を視野に入れているモデルなのかもしれませんね。
1ef9aef9.jpeg
アヘッドステムに、シフターはSHIMANO REVO SHIFTER。
グリップシフター仕様って訳か。
BRUNO TOUR 700C DROPはSTIだから街乗りではこっちの方
が扱いやすいかな。

良く考えたら、フロント変速もリア変速もグリップシフターで行う訳だ
。なんか凄いね。
fa5f7a5ca.jpeg
タイヤ KENDA K-WEST 700X32C
BRUNO TOUR 700C DROPは700×28Cだから
こちらの方が走破性あるかな。
b8989d.jpeg
ブレーキ SHIMANO カンチブレーキ
やはりカンチブレーキのおかげで、ツーリングモデル感が出ています。
一応きちんと、シマノ製カンチを用意してくれたんですね。
しかし、カラーが女性っぽくてかわいいな。
469c691.jpeg
ヘッドバッジはエンブレム風ではなく、アルファベットで。
ケーブルはホワイトカラーで統一。
2394ddad.jpeg
フレーム AY73 ORIGINAL CR-MO TUBING
最新のグラフィックを用いた?胴抜きデザイン。
なんとなくビアンキ系クロスバイクの雰囲気も。
598de296.jpeg
ドライブトレインはシマノ製で統一
リア7速仕様だし、画像からしてShimano Tourney FC-M171
あたりをもってきたと推測。

価格帯を抑えたとはいえ、ブレーキやシフター、ドライブトレインは
完全にシマノ製エントリーグレードですね。
b445b8e0.jpeg
TOUR 700C DROPと同じくシートステーは衝撃吸収性を高める為に
ベント。
フレームそのものは同じ規格のクロモリフレーム?
いずれにしても、双方ロングツーリングなどにも対応しているはずですよ。
79019cc.jpeg

DAY TOUR 700C FLATにはピカピカのフェンダー(泥除け)
が最初から付いてきます。

BRUNO TOUR 700C DROPには付いてないので
フェンダー希望の方にとっては初期投資が少なくて済みます。
後付けではなく専用設計だけあって、700×32Cサイズのタイヤ
を、きちんと全体的に覆っている。

88f90e8f80.jpeg
サドル BRUNO ORIGINAL
これもBRUNO TOUR 700C DROPと同型みたいですね。
6eb0e3fdb8.jpeg
450mmサイズではトップチューブがベントしています。
520mmでは通常仕様でベント無し。
f2ca5c3.jpeg
8418f1e3d.jpeg
しかしまあ、ドロップハンドルモデルといい、このフラットバーモデル
といい、とうとうWレバー変速を双方共に採用しなかったんですね。
グリップシフターの方が、より扱いやすいと判断したのかな。
(何気にエントリー系ながら、変速系は最新の仕様になっている)

DAY TOURという名前の通り、日帰り的な旅を楽しむツーリング
モデルなのかな。

価格は69,120円(税込)と結構抑えられているのですよ。
とりあえず、長距離に強いクロモリ系クロスバイクとしてチェック
しても良さそうだ。
【エントリでP最大6倍中】【夏旅応援限定セット/リアキャリア・泥除け・パニア】2014モデル700C TOUR 旅セット(700Cツアー)BRUNO(ブルーノ)【送料プランC】

2014年09月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BRUNO MINIVELO MIXTE(ミニベロミキスト) より街乗り志向になって、販売価格 51,840円とプライスダウン。

acaa6af.jpeg
2015 年モデルのBRUNO MINIVELO MIXTEは、随分車高が低くなったように
見えるけど。
フレームが変更になったのかな?
とりあえずこの展示画像が2015年モデルだけど……
img6145fdbd5825ghgbfgn.jpg
これが、2014年モデルBRUNO MINIVELO MIXTEね。
2014年モデルの方が明らかに車高高いや。
2015年モデルフレームの方が足付きしやすくなったのかな? 
867accc.jpeg
シフター SHIMANO REVO SHIFTER
このシフターでリア7速を変速する事になります。

2014年モデルはリア8速→7速仕様に変更になりましたが、
価格 58,320 円【2014年モデル】(税込)→価格 51,840円【2015年モデル】(税込)
とプライスダウン。
3a97e02e.jpeg
ミニベロ20限定カラーだったレッドが、2015年モデルではBRUNO MINIVELO MIXTEに
採用されたんですか。ケーブルは渋めのゴールド系?

ブレーキレバーについていた、グリップは廃止。
なんとなくだけど、ブルーノ2015年モデルはこのMINIVELO MIXTEの無駄を
省きつつ、より街乗り志向になっていません?

他のカラーもいいし、価格も安いし、相当動きそうな予感。

763ec4a.jpeg
ブルーノの中世風エンブレムは健在。
a1c3f26.jpeg
ブレーキ SHIMANO カンチブレーキ
フォーク ORIGINAL HI-TEN
タイヤ KENDA K-WEST 20X1.50
リム 6061 ALLOY

タイヤは、カラータイヤ路線で行くんですね。
見た目がレトロなポリッシュ加工を施していたリムが、シル
バー系になったのか。
d6c664a.jpeg

ところで、この展示車はスタビライザースプリング機構が付いているけど。
後付け仕様ですよね? 

(ダウンチューブとフォークを繋いでいるバネみたいな部分)
これ、もし取り付けられるなら凄くいいな。
駐輪時、前輪を固定できるので便利ではないですか?
ロングテールツーリングバイクモデルとかで、たまに見かけたりす
るのですが。
これなら、駐輪場所には困らないですよね。
やっぱりBRUNO MINIVELO MIXTEといえど、旅モデル的な要素が
あると言う事かな。
完成車についていると嬉しいけど。
34c4f5.jpeg
フレーム AY73 ORIGINAL CR-MO BUTTED TUBING
重量 10.3Kg
適合身長 410mm:150cm~175cm

フレームサイズが430mm→410mmへ変更になったそうな。
149d0.jpeg
クランクがチェーンリング一体型に変更になっています。
53T→46Tと、より低速街乗り志向へ。

レッドカラーがいいな。ブルーノ16インチミニベロとか、復活しないかな。
db8906.jpeg
過去のスイス国旗が付いていたコンフォートサドルから、デザイン
が変更になっています。
以前からクッション性が高かったけど、軽量化も念頭に置いたブル
ーノオリジナルサドル。
51dfebahh.jpeg
このカラーがパウダーブルー。
62f5ce9.jpeg
2b068.jpeg
b0155.jpeg
これがコットンベージュカラー。
825d4c.jpeg
7908a04.jpeg
2014年モデルのMINIVELO MIXTE の方がSHIMANO CLARIS リア8速
仕様だったしするし、よりスポーツ性が強そうな感じ。

衝撃吸収性を高め、更に軽量化した事により街乗り性を高めた
のが2015年モデルかな。

日本入荷予定は、MIXTEモデルが8月末より。
その他モデルは、おおよそは9月末よりになるそうです。
現在9月なので、割と速く店頭で確認できるかもしれません。
2014モデルMINIVELO MIXTE(ミニベロミキスト)カラー:ガフブルーBRUNO(ブルーノ)【送料無料!】

2014年09月01日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BRUNO TOUR 700C DROPがSTI化

c57f8329c.jpeg
BRUNO TOUR 700C DROPがSTI化しちゃったんですね。
なんでWレバーを廃止したんだろ??

それに合わせて、ブラウンカラーのサドルやコルクバーテープもブラックや
ホワイトに変化。

グラフィクスも、最新クロモリって感じに変化したかな。
それに合わせたかのようにカンチブレーキも廃止。SHIMANO ロングアー
チキャリパーブレーキを2015年モデルから採用。

ロングアーチキャリパーブレーキを採用した事によりクリアランスを確保し
て、28Cサイズの太いタイヤや泥除け(スタッガード)を可能にしたかった
のかな?
実車見ていないから分からないけど。

一応STI化したとはいえ、やはりレースグレードというよりはロングライド
やツーリングを前提にした仕様になっています。

SHIMANO CLARISをメインコンポ路線は継続。
価格は1万UPの10万円程度。
13bf6e.jpeg
あと2015年モデルより450サイズが登場。
トップチューブ形状が小柄な方でも跨ぎやすくなり、150cmの身長
からご乗車可能になったそうです。
これは嬉しい配慮。

お見事にトップチューブがベントしている。
確か2008年モデルのブルーノツーリングモデルもトップチューブがベ
ント形状のモデルが出ていた記憶があります。
cbaa281fc.jpeg
シフター SHIMANO CLARIS
バーテープもホワイトカラーで、随分清楚というか女性化
しました?
d7fd1e94903.jpeg
インラインレバーもSTI化に伴い、無くなりました。
普通のクロモリロードとしても楽しめそう。
df3aee09.jpeg
STI化に伴い、スレッドステムからアヘッドに変更になっています。
d97c5b92.jpeg
ケーブルもホワイトに。これは女性に人気が出そうな配色。
4da611a40.jpeg
フォーク ORIGINAL CR-MO TUBING
ブレーキ SHIMANO ロングアーチキャリパーブレーキ

リム 6061 ALLOY
bd5462a.jpeg
フレーム AY73 ORIGINAL CR-MO TUBING
デザインはPOPになった印象。2015年モデルはCIEL BLUEカラー1色です。
e2554e.jpeg
コンポ F SHIMANO CLARIS R/SHIMANO CLARIS
01367be9.jpeg
タイヤ パナレーサー PASELA 700X28C
32Cサイズのカラータイヤから、若干細くなりました。とはいえ、パ
ナレーサーだから乗り心地は良くなっているかもしれませんね。
こうして見るとクラシカルツーリング路線が、より現実的な仕様にな
ったって感じがしてきます。

タイヤはこの28Cサイズの場合、泥除けとか取り付けが可能なんで
しょうか?
さすがにこれ以上タイヤサイズを太くすると無理そう?
やはりロングアーチキャリパーブレーキ化に伴い
28Cサイズのタイヤになったかもしれませんね。

8012d416aa.jpeg
シートステーやチェーンステーで衝撃吸収性を稼ぐ設計は継続。
そういえば、フラットバーモデルも出たんですね。
0ea8ea1cb.jpeg
サドル BRUNO ORIGINAL

クロモリ&STIツーリングモデルって、逆にあんまり無いですよね?
そういう意味においてはSTI仕様のツーリングモデルをお探しの方
は検討しても面白そうだ。
【エントリでP最大6倍中】【夏旅応援限定セット/リアキャリア・泥除け・パニア】2014モデル700C TOUR 旅セット(700Cツアー)BRUNO(ブルーノ)【送料プランC】

2014年08月30日 トラックバック(0) コメント(0)