GUSTO スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GUSTO

アタッキ社 2017 GUSTO RCR TE (グスト RCR チームエディション 105完成車)試乗体験インプレ

DSCN5432cew (2)
2017 GUSTO RCR TEAM Glossy Blue×White

プロユースのT-800カーボン&フル105スぺックの
2017 GUSTO RCR TEAMに試乗してみました。

GUSTOの高品質な走行性能を確認しましたよ。
個人的に、グストの高い走行性能を体感出来て大収穫だったな。

グストの営業の方から RCR TEAMは「¥178000でプロユースの性能を獲得した、
完成車フルカーボンモデル」と、実に熱い説明を受けました!
DSCN5423cvw (2)
2017 GUSTO RCR TEAM Red×White
DSCN5423cvw (1)
2017 GUSTO RCR TEAM Gray×Black
DSCN5441cwe (2)
(表示されていた2017 GUSTO RCR TEのデーター)
Model Name:RCR TE(RCR Team Edition)
    Shimano 105 Carbon Road Bike

プロチームが使用するフレーム&フォークにShimano105を
フル装備してハイコストパフォーマンスモデル。
950gの軽量フレーム、高い剛性で鋭い加速力を持ちながら
クセの無いバランスのとれた仕上がり。
どんなシチュエーションにも対応するオールラウンドモデル。

東レ T800カーボン使用
完成車重量8.0kg (フレーム950g、 フォーク430g)
サイズ:46・48・50・52・54cm
価格:¥178000


DSCN5454cfd (2)
(2017 GUSTO RCR TEAM試乗体験インプレ)

路面追従性が極めて高いカーボンモデルでした。
湘南バンクの路面に、まるでタイヤが吸着したかの様。
高速になっても、しっかり路面をとらえて離さない。

そういう意味においては、安定性が高く扱いやすいカーボンロード
だと思います。

直進安定性が高く、その上異様に走りが軽いのも特徴。
エアロロードGUSTO RCA2.1もそうでしたが、グストのバイクは
脚力に負荷がかかりにくいフレーム設計の様です。
つまり、それ程豪脚の方ではなくとも、乗りこなせる優等生
的なカーボンモデルだと。
DSCN5434cw (2)
(レーシング性能高め)
やはり、コンフォート系カーボンモデルというよりはレーシング
モデルですね。
高品質のカーボンフレームが提供するヌルヌルとした、独特の疾走感が
たまりません。そういう意味においては、マイルドな乗り心地。

湘南バンクの路面コンディションは、平坦そのものなので
衝撃吸収性はちょっと分かりにくかった。
ただ、割と高目なのでは?
剛性が全面に出たフレームではないので、踏み負けるという事はなさそう。
DSCN5448cw (2)
(性能的には何万クラス?)
言うだけあって、フレームが確かに高品質ですね……大体完成車30
万オーバークラスの走行性能は有しているのではないでしょうか?
フラグシップカーボンフレームクラスの性能にはまだ届いていない。
大体30万以上のミドルグレードカーボンモデルの性能は、しっかり獲得して
いますぜ?

少なくとも、17万円台クラスカーボン完成車の走りではないですよ。
(他社15万以上のエントリーカーボンモデルで、ここまでのレベルの高い
走りは、絶対不可能)


(2017 GUSTO RCR TEAM試乗まとめ)
要するにこのモデルは、30万オーバーのミドルグレードクラス完成車
の実力を有しながらも、17万&フル105で販売されている
ハイコスパモデルな訳だ。
品質面においては◎ 申し分なし。
DSCN5443vcds (1)
DSCN5440cd (2)
ブレーキ SHIMANO 105
パーツ面においてもコスパが高いモデルだ。
DSCN5437cvw.jpg
DSCN5436vf (2)
ホイール SHIMANO WH-RS11
DSCN5431cdw.jpg
DSCN5430cwd (1)
クランク SHIMANO 105 34/50T
DSCN5451cvef (2)
フレーム T800 Carbon
DSCN5454cfd (1)
DSCN5441cwe (1)
DSCN5441bd.jpg
Maid In Taiwan

台湾製造である事前面に出したグスト高品質フレーム。
ダウンチューブにこのロゴがあしらわれていたんだけど
色々な意味で、衝撃を受けた。
とうとう、高品質=台湾という事をアピールする時代に
なったんだな……と実感。
DSCN5436vf (1)
DSCN5449cf.jpg
DSCN5434cw (1)
DSCN5445cwd (2)
DSCN5432cew (1)
DSCN5448cw (1)
リアディレーラー SHIMANO 105
スプロケット SHIMANO 105 11/32T

DSCN5451cvef (1)
DSCN5443vcds (2)

(こういう方にGUSTO RCR TEAMはお勧め)
・初めての一台で、カーボンモデルを乗りこなしたい。
・性能面で絶対に妥協したくないが、リーズナブルに済ませたい。
・レースに出たい! 
GUSTO RCR TEAMは、実際に湘南バンクを走ってみて、
レースに実戦投入できるレベルだと確認。
「お店で受取り専用」「グスト」2016 GUSTO RCR3 カーボンフレーム ロードバイク

2016年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)

アタッキ社 GUSTO RCA2.1試乗体験インプレ 


DSCN5486gd.jpg
DSCN5468cds (2)
GUSTO RCA2.1

アタッキ社 グストの本格エアロロードGUSTO RCA2.1に試乗しました。


( ;゚ω゚)……リーズナブルなエアロロードなのに、ここまでエアロ性能を引き出しているとは。
色々今回大変勉強になりました……想像以上だった……


これはグストの親会社、アタッキのマスコットキャラクター「アタ吉くん」
DSCN5461jgf (2)
DSCN5459cds (2)
幸運な事に今回エアロロードGUSTO RCA2.1の試乗コースは、湘南バンク。
エアロロードモデルの試乗には、正にうってつけ!

DSCN5460cds (2)

GUSTO RCA2.1試乗体験インプレ


(体力を消費せずに、いかに長時間高速性を維持するか? エアロロードの長所を特化したモデルだった)
( ;゚Д゚)はっ、速いがなっっ! なのに、すげー走りが楽ってどういう事!??


サーキットなどにおいては、最高のパフォーマンスを発揮するエアロロード
ですよ!!

ゼロ加速そのものは穏やかですが、ある程度スピードに乗ってからが
GUSTO RCA2.1の本領発揮!
縦剛性を生かして、加速的に速度が伸びていきます!

速度に乗るとエアロ効果と剛性が融合したかのような走りで、恐ろしく脚力が
楽になります。
これは速度に乗ってからが、本来の性能を発揮するエアロロードですね。
これなら高速巡行を楽に、長時間、維持できるはず。
DSCN5459cds (1)
(高剛性&爆発的な加速で走りを稼ぐモデルではない)
つまりGUSTO RCA2.1は、スプリントモデルの様に高剛性を生かした
脚力を爆発的に開放するタイプのモデルではく、いかに体力を温存しながら
エアロ効果と縦剛性で走りを稼ぐかという事に重点を置いています。

怖い位、高速性を維持する能力に長けているので、仮にGUSTO RCA2.1
と高速でバトルしても、敵はどんどん体力を消耗してしまうでしょう。
脚力はそれ程必要としなくても、フレームが走り&体力をカバーしてくれるエアロ
ロードですね。
高速よりも、低速の方が走りが辛いかな。
GUSTO RCA2.1の走行性能は、プロユースと同等クラスなのでは。


(GUSTO RCA2.1が敵に回ったら、怖いというより、実に嫌な相手になるかも)
今回幸運なことに、平坦でほぼ路面からの凹凸などの障害がない
湘南バンク試乗コースと、GUSTO RCA2.1の相性は最高でした。
という事は、鈴鹿、筑波などのサーキットコースでGUSTO RCA2.1は最高の
パフォーマンスを発揮するはずです。
縦剛性はしっかり確保してありますが、体に負荷になる程ではないですね。
加速するのに程よい感じ。
DSCN5484cd (2)
DSCN5467cajhgs (2)
DSCN5468cds (1)
ヘッドチューブが長めに設定してあるので、ロングライドを
想定したフレーム設計ですね。

ブレーキシューがカーボンリムに当たるときの独特の シュルシュル音
がたまらない!
DSCN5467cajhgs (3)
ホイール Gusto Full Carbon Tubular 50mm Aero wheelset
なんと33万円台の完成車に、カーボンホイールが普通に付いてくるそうです!
あ、ありえない……これで採算とれるのか?
あまりにGUSTO RCA2.1のコスパが高すぎて、絶句してしまう……
DSCN5458ds.jpg
フレーム Gusto RCA2.1 Carbon Frame
TORAYハイモデュラスカーボンT800/T700を使用したハイスペックエアロバイク。
DSCN5464nf (2)
DSCN5471few.jpg
クランクはShimano 105のコンパクト。
あ、もう全然このコースなら、ノーマルクランクでいいや。
どこまでも、速度を乗せられそう……
( ゚∀゚)重量7.2kgという軽量さも、魅力的だった……

また、このコースでGUSTO RCA2.1に乗りたいな……
DSCN5460cds (1)
DSCN5461jgf (1)
DSCN5466nfg (2)
DSCN5464nf (1)
DSCN5472cds (1)
DSCN5472cds (2)
DSCN5482cas (2)
DSCN5476ngf.jpg
DSCN5482cas (1)

( ;゚ω゚)……リアがTTモデルの様に、徹底的にエアロ性能を引き出す為に
特化した形状になっていて驚いた!
すげー迫力!!

ある意味見た目の形状を裏切らない、素晴らしい走りをするエアロ
ロード。

しかも、これだけの仕様&走行性能を有していながら販売価格を、と
ことん抑えている事に好感を持った。
コストを抑えても、それなりにいい走りをするモデルってあるんですね……
「お店で受取り専用」「グスト」2016 GUSTO RCA2.1 カーボンフレーム ロードバイク

2016年12月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2016 GUSTO SCR1.1 (TORAYハイモデュラスカーボンT800/T700採用) ここ最近のフルカーボンミニベロまとめ


先日のフルカーボン STRIDA C1に続いて、ミニベロのフルカーボン
モデルが少しづつ世に出てきた傾向にあります。
という訳で、ここ最近のカーボン系ミニベロをまとめてみました。
100000037963-l0.jpg
2016 GUSTO SCR1.1 外装18段変速 カーボンフレーム ミニベロ


クラシカルなデザインなのに、フルカーボンミニベロ!!??
なんとカーボンフレームやカーボンフォークをホワイトカラーコーディネート!!
更に、更に!! TORAYハイモデュラスカーボンT800/T700をフレームに
使用した贅沢なミニベロでもある!!
TORAYハイモデュラスカーボンT800/T700をミニベロに採用するど、史上
初の試みでは?


更にクラシカルな雰囲気を意識し、ドライブトレインをシルバー系
Shimano Tiagraでまとめている模様。
(ただ現時点でスペックは不明な点も多い)

ハンドルバーやシートポストにあのRitcheyを採用。451ホイール。
重量は7.5KG(W/O Pedal)

販売価格は197,640円(税込)と20万以内に抑えてある。

DSCN3097hdvbdfb.jpg
サイクルハート ロードバイクファクトリーフルカーボンミニベロスパルタン

451ホイールに、7.5kgという超軽量クラスのミニベロ

巡航性能が高く、スピードの乗りがいい)
ある程度速度に乗ってからが、このスパルタンの本性発揮。
かなりのハイスピードが出せますし、巡航性能を生かして
スピードを維持するのが得意。

IMGP0489ygyu.jpg
LOUIS GARNEAU LGS-MVC

フルカーボンではなく、カーボンパイプ&アルミラグ仕様。
これが、試乗したカーボンミニベロの中で一番完成度が
高かったかな。
IMGP0485guyg.jpg
カーボン+アルミラグのフレーム
メインコンポにシマノ105搭載。重量は7.6kg。

バネの様なしなりが特徴。加速性能が爆速。
201412041440341aevsdfygui.jpg
UBike Speedstar Carbon Pro

驚異のフルカーボンフォールディングモデル。
展示されていたのは、2014年モデルだったっけ??
でも、中折れ方式などの折り畳み式フルカーボンミニベロは
これから普及するのだろうか……
重量 9.5kg

Image04vsdf.jpg
2015 ORI Surpaz CR 1.1
カーボンファイバーフレームに、なんとアルテグラDi2仕様
電動トータル22速

電動変速だけではなく、エアロブレードカーボンフォークを
採用するなど、空力抵抗にもこだわった一品。

Ori bike JAPANでは「SURPAZ CR87」というやはり
カーボンフォールディングモデルを扱っている。

20160325101419baevdfb.jpg
2016 STRIDA C1 (ストライダC1)


まさかのストライダがフルカーボン化。
もちろん折り畳み可能。
フルカーボン折り畳みハンドルや、カーボンリム、ベルトドライブ
ディスクブレーキを実装してしまった夢の一台。
重量:8.6kg
販売価格505,440円(税込)という超高級モデルでもある。
(更にサイクルベースあさひを通して、全国展開しているんだ
から恐ろしい)

ストライダ 折りたたみ自転車 EVO (MATT BLACK)【小径車】【STRIDA 】

2016年05月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2016 GUSTO RCR 3.Team(アタッキ・チーム・グスト)SRAM Force完成車

100000037960_08.jpg
100000037960-l1.jpg
2016 GUSTO RCR 3.Team(アタッキ・チーム・グスト)SRAM Force完成車


台湾コンチネンタルチーム「アタッキ・チーム・グスト」
がジャパンカップに投入した、東レ®ハイモデュラスカーボンT1Kを採用
した、6.4kgフラッグシップ超軽量モデル。

販売価格はカーボンホイールにSRAM Force完成車で468,720円(税込)
(フレーム&フォークのみの価格ではない……スゲエな…・…)

ミドルグレードの価格帯でフラグシップモデル級の性能が
手に入るって訳か……
強力な推進力を有したフレームだそうだ。

コンポは、SRAM Force。ホイールはなんとレイノルズ。
(レイノルズはアタッキ社取り扱いブランド)
Gusto bikeのフラッグシップモデルでコストパフォーマンスに優れてい
る。

この3.Teamはコンチネンタルチーム アタックチームGUSTOが使用して
いるモデル。

見ての通り、左側面がゴールドカラー。
100000037960-l0.jpg
右側面がブラック。左右非対称カラーって訳ですね。
フレームはスローピングが強く、コンパクトなデザイン。

フレームサイズ: 46・48・50・52・54
カラー ブラックXゴールド
重量: 6.4kg(ペダルなし)
100000037960_07.jpg
シフトレバー SRAM Force 11SP
100000037960_06.jpg
ハンドル FSA:SLK
ステム FSA:SLK
100000037960_02.jpg
100000037960_15.jpg

右側面のブラックカラー面にレイノルズのロゴを
あしらっている。
(ガーミンもアタッキ社取り扱いブランド)


これは……左右全然別のバイクみたいだ。
100000037960_14.jpg
フレーム:GUSTO RCR3 カーボン 東レT1K HM&HD
フォーク:GUSTO RCR3 カーボン/カーボンコラム
100000037960_13.jpg
フロントディレーラー:SRAM Force 11SP
クランク スラム:Force 50/34T
100000037960_01.jpg
100000037960_05.jpg
100000037960_11.jpg
シフトレバー: SRAM Force 11SP
100000037960_10.jpg
リアディレーラー:SRAM Force 11SP
ブレーキ:スプロケット:SRAM Force 11SP 11-32T
100000037960_09.jpg
100000037960_04.jpg
ホイールセット:REYNOLDS ASSALUT カーボン46mm
タイヤ:Continental Competition
100000037960_03.jpg
サドル セライタリア:SLR XC
シートポスト FSA SL-K

パーツもFSA SL-Kやカーボンホイールなど、限界までカーボンを
投入しています。



長年有名ブランドのOEMの仕事を続けてきたAttaque社は、2011年から
本格的に自社ブランドとして世に打って出たそうです。

生産工場を直接「Gusto」という名称のカーボンバイクメーカーとして、優れた商
品を手頃な価格で供給するという使命でビジネスをスタート。

(オランダで「Gusto」の設計・テストが繰り返され、自社中国工場で生産)

例えリーズナブルな価格であっても、航空機材料としても信頼性の高い東レハイ
モデュラスカーボンを積極採用。
カーボンチューブを作ったり、大量生産に向いた大規模な設備をAttaque社
は有している訳か。
De Rosa - SK Pininfarina (Dura Ace - 2017)

2016年05月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2016 GUSTO RCR1.1 フルカーボンで14万!! かつて巨人軍がとった高品質低価格路線再び!!

100000037952-l0.jpg
2016 GUSTO RCR1.1 700c 外装27段変速 カーボンフレーム ロードバイク


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うぉぉおおおぉぉおぉおお!!


完成車14万クラスカーボンモデルだ!!! スゲー!!!


有名EUバイクブランドのOEMを手掛ける、グストの低価格コンフォートカーボンモデル
です!

最近、台湾系新興バイクブランドが一気に日本試乗に上陸してきて
いますね!!!

ヽ('∀`)ノようこそ! 日本へ!!!! 

100000037952-l1.jpg

フルカーボンで販売価格146,880円(税込)……これは価格面で強力なインパクトがあります!
……真面目な話、「グスト」という名称でいいようですね。
安いけど、品質に関しては相当自身があるそうです。

EU系ロードブランドに対抗した低価格路線とはいえ、フルカーボンで
14万か……しかも9.2kgという実に憎い価格設定!!

しかも、東レT-700を使用したカーボンフレームって……おい……
フォークはコラムまでカーボン製だというのだから。フレームにコストをか
けているんですね。



 ( ;゚ω゚)……………………。


 (;゚ω゚ )……これじゃかつての、巨人軍がとった手法……高品質低価格路線
じゃないですか?
それも、フレームにターケットを絞っている……


100000037952_02.jpg
ステム:KLOY AS-021 80mm A-HEAD28.6/BARBORE31.8mm
ハンドルバー:KLOY HB-TE11 400mm=48/50サイズ , 420mm=53サイズ(C-C)
ハンドルバーテープ:EVA



しかもこのグストの14万フルカーボンモデル、2016 GUSTO RCR1.1 は
なんとSORAスぺック!
(フロントトリプル仕様だから、ロングツーリングやヒルクライムに対応可能)
ペダル抜きで9.2kgだから、後日容易に8kg台にまで持っていける。

エントリーモデルという話だけど……14万出せば、いきなり東レT-700製高品質
フルカーボンロード完成車が手に入る訳だ。


ってか、最初から105スペックでもいい気がしますが……
100000037952_03.jpg
シフトレバー:SORA ST-3503
100000037952_04.jpg
ブレーキ:GUSTO
フォーク:GUSTO RCR1フォーク カーボン/カーボンコラム

ダウンチューブはアウター仕様か……
100000037952_01.jpg
フレーム GUSTO RCR1 東レT-700を使用したカーボンフレーム
100000037952_05.jpg
ホイールセット:アレックスRV-5241リム KT GP5F/GT8R
タイヤ:INNOVA IA-2309
100000037952_11.jpg
ボトムブラケット:シマノ SM-BB-4600
100000037952_08.jpg
フロントディレーラー:シマノ SORA FD-3500-F φ34.9mm
クランクセット:シマノ FC-3503 50/39/30T
100000037952_12.jpg
シートポスト:GUSTO アルミ300Xφ31.6mm
100000037952_10.jpg
100000037952_09.jpg
リアディレーラー:シマノSORA RD-3500-GS
スプロケット:シマノ GS-HG-50-9 12-25T
100000037952_07.jpg
100000037952_06.jpg
サドル:GUSTO スポーツ

ペダル:NA
フレームサイズ:48/50/53サイズ
カラー:イエロー , ブルー
重量:9.2kg(ペダルなし)

IMGP0763vd (2)
2009 PINARELLO FP3
そういえば、こいつもダウンチューブのケーブル配置が
アウターだった……
IMGP0763vd (1)
img10634672772_convert_20091010142007.jpg
2010 BIANCHI INFINITO ULTEGRA

2016 GUSTO RCR1.1のフレーム形状を見ていると、なんだか2010年頃の
イタリア系ブランドのフレーム形状を思い出しますね。
そうそう、この頃はアーチトップチューブ形状のカーボンフレームが
実に多かった。(コンフォートかつロングライドタイプ)

まさか……グストRCR1.1って、かつてのピナレロやビアンキ系の
イタリアンバイクOEMモデル??
とか色々妄想してみると楽しい。
De Rosa SuperKing 888 (105 - 2014) Road Bike 19%オフ

2016年05月02日 トラックバック(0) コメント(0)