KIMORI スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KIMORI

KIMORI COLOSSUS VRに試乗体験してみました! ヽ('∀`)ノ とにかくデザインも走りもたまらん!!

DSCN4353ngfd (1)
KIMORI COLOSSUS VRに試乗してみました!
ヽ('∀`)ノ 本物のKIMORI COLOSSUSを目の前にして、試乗前からもうずっとワクテカでした。

昨日紹介した、滋賀県のバイクブランドKIMORI。
その新型KIMORI COLOSSUS VRに試乗してみました。
先日組み上がったばかりの、出来立てだそうです。
(埼玉サイクルエキスポに合わせて、持ってきていただけたそうです)
これはVブレーキ仕様でこの太めのタイヤは、BMX用の前2.2後2.3
インチサイズ。
滋賀県守山市発の、日本製ハンドメイドモデルですがまるで
イタリアのハンドメイドロードみたいな美しさがあった。
(英国感があるミニベロかと思っていたら、陽気なイタリー系ミニベロ
みたいな秀逸なデザインだった)
DSCN4377bd (1)
KIMORI COLOSSUS VR試乗体験インプレ

( ;゚ω゚)……これは・・・・・・戦慄した!!
走りが異様に美しい・・・・・・おおお・・・・・・
……あかんやん……走行感が嘘みたいな滑らかさ。

やばい、これは走りが快感過ぎる・・・・・・なのに、優雅にスピードが乗っていく・・・・・・。
こんなミニベロがこの世に存在したのか!!



走りが滑らか・・・・・・いやもう、この乗り味は正にシルキーという単語がぴったり!

スピードに乗り易い上に、安定性が極上・・・・・・走っていて快感!!
(走っていて、ちょっと酔ってしまいそうだった)

かといって、全体的に実に元気のあるフレームで、加速やダッシュ力
もあるという・・・・・・一体なんだ? シルキーで高級感があるのに、ス
ポーティーなミニベロと言う事か・・・・・・

 (´;ω;`) もうね、これ文章で説明するの難しいミニベロだわ。
とにかくスポーツ性能も、快適性も極上。

走りがシルキーで滑らかなのに、とんでもなく動き回るミニベロなん
ですよね。体感的に、走行性能は既にミニベロを超えている・・・・・・。

(´・ω・`)……平坦な試乗コースで、なんかKIMORI COLOSSUS VR
が勿体ない。

MTBみたいに、リアルにタイヤのグリップを生かして、荒れ
道を走ってみたい。
DSCN4355bdf (1)
これはディスクブレーキ使用のKIMORI COLOSSUS WR

また、チェーンステーやシートステーなどはVブレーキ仕様に合わせた
設計になっているらしい。

キャリパーブレーキ仕様、ディスクブレーキ仕様、Vブレーキ仕様に合わせて
パーツをセレクト可能(Lantanaシステム)

フレーム、フロントフォーク、シートステー、ロアアーム(共通)アッパー
アーム(共通)など、ブレーキに応じて選択可能なシステムをLantanaシステム
というんですね。
このハンドメイドモデルなんか凄いな・・・・・・要望に応じてロードやディスクブレ
ーキスタイル、Vブレーキスタイルなどに変化するなんて。
DSCN4364v (2)
DSCN4377bd (2)
DSCN4359v (1)

DSCN4359v (2)
DSCN4364v (1)
リアサスペンションのエラストラマー部品の数は、確か4個だった。
このエラストラマーの数に応じて、サスペンションの硬さも決まって
くるそうで、6個だとハード、5個だとミディアム、4個だとソフト。
平坦な試乗コースに合わせて、4個のソフトタイプのリアサスペンション
設定にしてくれたんでしょうね。
DSCN4355bdf (2)
DSCN4360bf (1)


なんというか、高性能のMTBやロードが合体して、ミニベロに変化したら
こんな乗り味になるんだろうか・・・・・・走りが優雅な上に、何かパワーも
秘めたミニベロですよ。

KIMORI COLOSSUS VRの走行性能をまとめると
①走りが滑らかで極上のシルキー感がある。
②MTBに近い走破性がある。動き回れる。
③加速性やダッシュ力が強力。サスが加速やダッシュを吸収する
という感じではない。

ロードみたいな顔を見せたと思ったら、MTBみたいなパワーを見せつけ
なおかつ、クロモリロードみたいな優雅な走りすら提供してくれるという。

ヽ('∀`)ノ とにかくデザインも走りもたまらん!!

ぶっちゃけ文章で説明するには限界があるミニベロなので、できれば体
感した方が一番分かり易いかもしれません。
Wiggle 最大50%OFF バイク在庫一斉セール

2015年03月31日 トラックバック(0) コメント(0)

埼玉サイクルエキスポでKIMORIブースを見学してみました。

DSCN4370vs.jpg
埼玉サイクルエキスポでKIMORIブースを見学&試乗してみました。

KIMOR COLOSSUS HRかっこいい・・・・・・あの有名な千葉県のショップ
橋輪様の特別仕様だそうだ。
モールトンよりなんか尖がった感じがして、いいなあ。

どうも自分は勘違いしていたんだけどMTBというか、24インチのオフロ
ードバイクを目指して、コロッサスは開発されたそうな。

てっきり街乗りモデルかと思いこんでいたんですけど、かなりスポーティ
というか、ハードな使用に耐えられるミニベロだったんですね。

ホワイトいいなあ。
なんか高い安定性を生み出す為に前後にサスが入っていているそうな。
DSCN4372vsd.jpg
DSCN4373vs.jpg
フロントにオイル&エアースプリングが入っているんですって。
路面からの衝撃を吸収すると共に、姿勢制御が目的のサスペン
ションシステムだそうです。

ステム上部に、エアーバルブが配置してあって、ここから
サスの効き具合を、気軽に調節可能。
(あまりに手軽に、サスの硬さが調節出来て驚いた。状況に
応じて色々いじれていいなあ)
DSCN4369vsd (1)
DSCN4374vd.jpg
右がフロントのエアサスペンション、左がリアのエラストラマー
のサスペンション。

ちなみにリアのサスの硬さは、エラストラマー部品の数を
選択して調節可能だそうだ。
(オフロード仕様の場合は、よりエラストラマーパーツの
数が増やして対応)

サドルに加重をかけてみると、エラストラマーに負荷がかかり
若干膨らんでいる様に見えた。
フレームの負荷も、きちんと吸収しているですね。

DSCN4369vsd (2)
クロモリパイプの溶接が、大変滑らかで美しかったので度肝を
抜かれた。
ロウ付けで、パイプ内にもロウを忍ばせる独自のロウ付けだとか。

美しい仕上がりと、Tig溶接以上の粘り強いフレームという
話でした。

で、私はどの程度粘り強いフレームなのかよく分かって
いなかったのですが、街乗り程度の段差など、ものともしない
らしい。

「ユーチューブで、でかい段差を降りるシーンがあるから」
というので視聴してみることに。
KIMORI 1
橋輪様が言っていた動画はこれか!!??
え? マジでこんな段差をKIMORI COLOSSUSで飛び下りる
事が出来るの??
KIMORI 2
通常のレーシング系ミニベロだと、この高さじゃ一撃でヤバいと思う・・・・・・
KIMORI 3
マジでMTBの様に飛び降りた! おおお!!!
KIMORI 5

この高さを見事に着地成功!!!
本当に、MTBやオフロードバイクみたいな堅牢な
クロモリフレームなんですね!!
これがミニベロかよ!!
おお、なんか凄いぞ!!!
DSCN4375vds.jpg
とりあえずKIMOR COLOSSUSって、ミニベロは小径車版MTB
の様に強靭なミニベロだと言う事が良く理解できた。


日本版モールトンみたいなものをイメージしていたのですが
完全に別物ですね。
(流石にモールトンで、MTBの様な走りは無理だろう・・・・・・)
そして、KIMOR COLOSSUS魔性の美しさになんかやられました。

とりあえず本日KIMOR COLOSSUSの試乗記事を書こうかと思った
のですが。

どうも今までにないミニベロなので、まずは大まかに紹介してみ
ました。

とりあえず、KIMOR COLOSSUSの驚異の走行性能を体感してき
たので、試乗記事は明日UPします!

2015年03月30日 トラックバック(0) コメント(0)