NEILPRYDE スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > NEILPRYDE

2017 新型NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ 加速性能を 強化した新型ヒルクライムモデル!


DSCN5603fsgeegd (1)
2017 新型NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ

かの有名な軽量ヒルクライム系モデルですが、通常のエアロロードやロード
レーサーと比較しても十二分に勝負できる新型でした。


これは……それ程路面追従性は高くないですが、バンクの路面を
「面」で捕らえたかのような、実に安定感のある走りをします。

今までのニールプライドモデルと比較しても、実に加速性能を
強化したヒルクライムモデルです。
安定&確実にフレームが路面をコントロールしながら、グイ、グイ
加速していく様子が快感でした。
一瞬の爆発的な加速性を発揮するというよりは、巡行中において
粘り強い継続した加速をしてくれるタイプですね。

ロングライドモデルとスプリント系モデルが合体したかの様な、ヒルクライム
超軽量フレームです。
DSCN5612gsd (2)
(脚の負荷について)
加速性能は強力ですが、あまり脚に負荷がかからないタイプだと思います。
高速を維持する能力が高いので、間違いなくヒルクライムというよりはオールラウンダー
的な性能。

にしても、これが最新のヒルクライムモデルなのか……
これなら登りだけではなく、平地やサーキットでも十二分に勝負出来るではないですか?
DSCN5612gsd (1)

(NAZAREと同じくスピードをコントロールする性能がずば抜けている)

ある意味サーキットなどで、BURA SLを使用すると分かりますが
高速だろうが低速だろうが、あらゆる局面において
正確にスピードを維持&コントロールする性能を有しています。
巡行性能が高いと言えばそれまでですが、高速巡行中の
運動能力がずば抜けて高いですね。

正直ここまで自分が欲しい速度を、正確に設定できる能力はイタリアやドイ
ツ系モデルには無い性能です。
DSCN5608bdg (2)
DSCN5618gdf (2)
2017年モデルからBB部分とヘッドチューブの剛性を最適化したそうな。
現在のクライムモデルは確実に、剛性を強化してきているんですね。
確かにこれなら、普通にサーキットでも勝負可能。
DSCN5609hnf.jpg
DSCN5621few (2)
単なるヒルクライムバイクとは言わせない剛性を持つ最軽量720gロード。
クリテリウムにも耐えうる瞬発力と推進力を強化しただけあって、加速
性能はなかなかのもの。

逃げないんですよね、走行中速度が。

クライマーだけでなく、スプリンターをもうならせる強靭な走行性能を
新型BURA SLが有しているのは確かに間違いない。

またアップダウンの激しいコースを、長距離走破する際はとんでもない武
器になりそうだ。
DSCN5603fsd (2)
DSCN5621few (1)
DSCN5608bdg (1)
DSCN5607df.jpg
DSCN562fd3 (1)
DSCN5602gdf (2)
DSCN5615gdf (2)
DSCN5615gdf (1)
DSCN5618gdf (1)
DSCN5611gd.jpg
DSCN562fd3 (2)
DSCN5605fs.jpg
Colnago - V1-R ロードバイク (Ultegra、2016)

2016年12月14日 トラックバック(0) コメント(0)

NEILPRYDE NAZARE 1 Limited(ニールプライド ナザレ)試乗体験インプレ 2.5次元系の方々に大人気だった

DSCN5576cas.jpg
NEILPRYDE NAZARE 1 Limited

オールラウンドエアロレースバイクニールプライド NEILPRYDE NAZARE 1 Limited
に試乗してみました。

かっこええ……(´・ω・`)
もう完全に見た目で、気に入ったので試乗してしまいました。
(それはそうと、ニールプライドのブースが大人気。やっぱりここ近年
ニールプライドの知名度は確実に上昇している)

DSCN5592dqw (2)

(第一印象 乗り易い)

確かに直進安定性だけに依存していない。乗っていて、なんでもこなせる
万能エアロだと感じた。
平地だけではなく、坂道もいけそうだ。
体に負荷がかかりにくい。
DSCN5583cdas (2)

(脚力はそれ程必要としない)

うーん、これは楽だな。特に縦剛性が強烈というわけでもないし。
他のエアロロードと比べると、快適性が強い感じがする。

NAZAREに乗っていると、あまりエアロロードという感覚がない。
通常のミドルグレードカーボンモデルで走行しているかの様だった。
その上で、エアロロード的な性能が付いてくるのがこのフレームの
面白い所。
DSCN5577ca (2)

(目標とする速度に、正確にスピード性と剛性を提供してくれる)

緻密で精密な走りをする、高速エアロロードですね。

自分が欲しい速度や、目的の速度に、まで実にスムーズ&正確に
到達してくれます。
そしてその上で、その速度を維持する能力に長けているかな。

巡行性能高めというだけではなく、巡行速度のコントロールが
実に上手い。

高速巡行中における、速度変化にも柔軟に対応可能なフレームなので
これは高速だけではなく、低速で一定ペースで走る事にも強い。
DSCN5577ca (1)
試乗途中からまるで、
NAZAREフレームがオートマチックに精密な走行速度をコントロールしてくれている
かのような感覚に陥った。
まるで、機械というかマシーンですね。

(他のエアロロードと比較してどうか?)

バランスがいいエアロロードだと思う。加速性能や推進力ではいくらか
劣るが、一定のペースで長時間疾走する事にかけて長所を発揮する
モデル。
DSCN5583cdas (1)

(湘南バンクのコースで走ってみてNEILPRYDE NAZARE 1 Limitedに試乗してニールプライドの特徴めいたものが見えてきた)


全体的にニールプライドモデルは、速度を維持したり走行中スピードを
コントロールする能力が、特にすば抜けているのを体感した。

レース中、走行速度が刻一刻と変化していく状況下においても、
NAZAREフレームが臨機応変に対応してくれるはずだ。

速度変化に、強いエアロロードとでも言うべきか。
今までニールプライドの性能を今一とらえ切れてなかったけど
ようやく、長所が分かったと思う。


舗装された路面なら、特にどの速度域でもNAZAREフレームなら
乗り手に合った速度で、スピードコントロール出来るはずだ。
DSCN5581cdas.jpg
DSCN5582cds (2)
バンクのコーナーリングにおいても、抜群の安定感と高速性
を発揮。
あれだけの速度で、コーナーリングをスムーズかつ精密にこなして
くれるとは思わなかった。
いきなり乗っても、扱いやすいエアロロードですね。
直進安定性にが強力なエアロロードとはまた違ったテイスト。
DSCN5586cqa (2)
DSCN5593dcq (1)
DSCN5591cds (1)
DSCN5590cwq.jpg
DSCN5587cd (2)
DSCN5587cd (1)
DSCN5586cqa (1)
DSCN5582cds (1)
DSCN5593dcq (2)
DSCN5591cds (2)
( ;゚ω゚) そういえば、ニールプライドが中高生に大人気だった
のが印象深かった。
特に2.5次元系
いつの間に学生さん達の間で、ここまでニールプライドの人気が浸透していたとは……
やっぱりニールプライドの、カッコいいデザインのせい???
De Rosa - SK Pininfarina (Dura Ace - 2017)

2016年12月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ

DSCN8870.jpg

率直な感想を書くと、真面目な軽量カーボンモデルという感じだった。
ヒルクライムマシンって、平地を走るとこんな感じですよね。
圧倒的な剛性があるわけではないけど、軽量さとバランスの良さで
前に前にけなげに進む感じ。

(大パワーで、前に、前に進むモデルかと思ったら違った)
やはりヒルクライムに特化した性能なんですよね。
見た目が派手なので、それに気を奪われてしまったのですが逆。
平地では扱い易い、真面目なカーボンって感じです。
衝撃吸収性は普通。
DSCN8877.jpg
DSCN8302aa.jpg
(NEILPRYDEは全体的にパワー主体で、走るのを得意としない)

NEILPRYDE ALIZEと BURA SLの共通の長所。
この二つのモデルは、走行中体力消費が抑えられる点に
あると思う。
くせがないので、万人に受け入れられやすい。


NEILPRYDE ALIZEと BURA SLの弱点。
特に高速巡航が他社と比べて苦手。いざ加速する時のびがない。
パワーも弱い。よくまとまってはいるんだけど、何か生真面目すぎる。
DSCN8882.jpg
(上手くニールプライド ビューラSLの良さを伝える事ができないもどかしさ)
既存のカーボンフレームモデルとまるでテイストが違うので、レビューが
一番難しいモデルだと思います。
正直に書いているつもりだけど、書きにくい。
あえて乗っていない方に、BURA SLをイメージしてもらうとすると
「良質な高性能クロモリフレームを、超軽量にしたらこんな感じになるか?」DSCN8876.jpg
(NEILPRYDE BURA SLはオールラウンドなヒルクライムロードではない)

あくまでBURA SLはヒルクライムマシンであることが、良く分かりました。
なんとなくニールプライドのモデルは、使用目的に合わせてそのモデル
の長所を高めている感がします。
ヒルクライムマシンでも、フレーム重量が800gのBH Ultrallight RC
などは快適性、万能性を高めていますけど。
BURA SLはあくまで、登板性能のみにこだわったのかな? という印象。
DSCN8872.jpg
DSCN8878.jpg
DSCN8879.jpg
DSCN8875.jpg
DSCN8874.jpg
DSCN8873.jpg
DSCN8871.jpg
DSCN8299adsf.jpg
(2014モデル ニールプライドモデルではゼファーの完成度が一番凄かった)
やはり2014 NEILPRYDE ZEPHYRのシルキーな独特の走行
感が一番印象に深い。
他の人にニールプライドを進めるなら、間違いなくゼファー。
あのなめらかかつ、蕩けるような走行感は今思い出してもよだれが
出ます。

やはりニールプライドの最新モデルなんですね。
新型ゼファーは間違いなく、いいと思います。
私が、一番納得出来たニールプライドモデル。
とりあえず、ゼファーの走行性能を体感できたのは大きな収穫
でした。
今後、このゼファーを超えたニールプライドの新型が続々と登場
してきたら、実に面白い展開になるなあと、妄想しました。
ラピエール 2017年モデル ゼリウス SL 600 FDJ MCP / XELIUS SL 600 FDJ MCP【LAPIERRE】

2013年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 NEILPRYDE ALIZE(ニールプライド アリーゼ)試乗体験インプレ 一定ペースで走るのが得意な快適エアロロード

DSCN8302.jpg
なるほどー、ニールプライドアリーゼってこういう性能だったんだ。
軽いロードなんですね。
なるほど、なるほど。
どうにも、走行性能をイメージ出来なかったけどそういうことか。
しかし軽いからといって、とんでもなく攻撃的という訳かというとそういう
訳でもなく、一定ペースで走るのが得意な細みのマラソンランナーみたいな
モデルだったんですね。
DSCN8303.jpg

(コンフォート性能&エアロ効果の、禁断の融合)
最近流行の高剛性、大パワーカーボンフレームという訳ではなくて
乗り手を労わりながら、一緒に走ってくれる野球部の女子マネージャー
みたいなロード。

エアロ効果&めちゃくちゃ高い快適性のおかげで、よそのロードにはない
走行性能を実現しているよなあ……。
こういうモデルって、この世にあったんだ……
普通エアロ効果の高いロードって、くそ高い剛性でパワフルに走るもんだけど。
エアロ効果を発動しながら、路面からの衝撃をどんどんフレームが吸収して
しまうんですよ。
DSCN8312.jpg
(ロングライドや長距離、長時間乗るとこいつの面白さが分かるかも?)
アタックや、加速するより、一定ペースで走るのに向いているエアロロード
かと。
あまり体力を使わずに、省エネ走行できるんじゃないですか?

DSCN8310.jpg
(極限状態に追い込まれた時、真価を発揮するモデル)
トライアスロンとか、極限状態まで体力を追い込む競技の際アリーゼは
最大限能力を発揮すると思います。
ある意味、ロードに乗りながら体を休める?事も可能。
脚への負荷が、とことん少ないのも魅力。

体力が無い時こそ、きっちり前進してくれる不思議なエアロロード。
DSCN8308.jpg
(アリーゼの弱点)
高速巡航時、他社の大パワーエアロロードに比べていくらか不利。
ある程度速度に乗ってからの「伸び」を感じなかった。
というより、そういう瞬間的な攻撃には向いていないのかな。

かといって、不利? かというと、そうでもない。
じっくり時間をかけて相手をとことん追い込んでいく、なんとも言えない
残虐性をこのロードから感じた。
レース序盤ではいくらか狩られてしまうかもしれないけど、後半どんどん
狩る側に回ると思う。
レース中まるでペースが落ちない走りをしてくるはずだ。
DSCN8309.jpg
DSCN8304.jpg
(デザインが美しい)
ここだけの話、この美しいエアロデザインにやられそうになった。
デザインが気に入ったなら、衝動的に購入しても後悔はしないと思う。


こうしてフレームを見ると、とことんエアロ効果を狙った設計
をしている。
やっぱり一定ペースで走る為のエアロロードなのかな。
独特の個性を持ったモデルなのは間違いない。
あと、出来ればコンポはグレードの高い奴にした方がいい気がした。
DSCN8305.jpg
DSCN8307.jpg
DSCN8306.jpg
DSCN8313.jpg
DSCN8315.jpg
(デザインが美しい)
ここだけの話、この美しいエアロデザインにやられそうになった。
デザインが気に入ったなら、衝動的に勝手も後悔はしないと思う。
DSCN8316.jpg

あくまで個人的な感想だけど路面状態が悪かったり、地形の起伏が激しい土地でア
リーゼに乗りたい。
多分楽に走れるんだろうなあ……
De Rosa - SK Pininfarina (Dura Ace - 2017)

2013年11月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 NEILPRYDE ZEPHYR(ニールプライド ゼファー)試乗体験インプレ 個性が強いロングライドモデル

DSCN8288.jpg
入場時並んでいるときに、隣の方が
「ニールプライドはいいですよ」
「そんなにいいですか?」
「いいですよー」
と助言をうけて、お昼あたりにニールプライドブースへ。

DSCN8319.jpg
サコッシュとキャップが限定発売だったので、知人へのおみやげ用に購入。
DSCN8320.jpg
これで500円はちょっとうれしい!
ニールプライド様、ありがとうございます!

DSCN8301.jpg
NEILPRYDE ZEPHYR
新型のロングライド用だそうで。

なんか、自分の後ろで熱心に(いや、熱気を持って?)待っている方が
何人かいたので、急いで試乗して返却しました。
(まるで信者みたいだ)
撮影は急いでしたので、かなり適当です。
DSCN8290.jpg

で、試乗前、私は「そんなに、みんなが夢中になるほど凄いのか??」
とかなり期待を膨らませて試乗。
結局ゼファーとアリーゼ、ビューラの3台を試乗しました。
DSCN8300.jpg
DSCN8299.jpg
(ニールプライドゼファーを試乗した感想)

なるほど、確かに走行感が変わっているわ……説明しにくい……
確かに快適性のあるロングライドモデルではあるとは思うけど。

なんだか「線」の上を走っている感覚に。
とにかく剛性も加速性能も「直線」にまとまって、一直線に直進していく
というか。
路面からの衝撃も、ペダリングも全て一直線状の推進力に変換される
力を持っているのではないでしょうか。


(エアロロードに近い感覚かもしれない。サーヴェロのエアロロードSシリーズ
に乗った感覚が似ているかな? ニールプライドゼファーはエアロ性能とかそれ
ほど発動しないけど)

加速が静かなんですよね。無理せず、シルキーに加速しますし。

DSCN8298.jpg

(乗った後気が付いた事)
ほとんど試乗時間が少なかったので、なんですが、まるで脚に疲労感が
残っていない事に気が付きました。

やはりロングライドモデルなんでしょうね。
なんとなくだけど、走ったというよりは氷の上を「ツーーーッ」と滑ったみた
いな感覚があった。
DSCN8296.jpg
DSCN8295.jpg
(体力を消費しにくいモデル)
路面からの衝撃も、ペダリングも全て一直線状の推進力に変換される
力を持っているのではないでしょうか。

また、他社のロングライドモデルの場合、巡航中でも一気に加速出来るモデル
がいくらかある。
NEILPRYDE ZEPHYRの場合もやはり、その加速性能を有しているのは間違い
ない。
DSCN8294.jpg
(ただ、どうも他社の最新2014ロングライドモデルと性能、考え方が異なる気がする)
確かに独特で個性的。
他社のロングライドモデルは、出来るだけフレームに衝撃吸収性を持たせて疲労を
軽減させる方式をとっている。
NEILPRYDE ZEPHYRの場合は、省エネルギー、僅かな力で前進する事ができる、
エコロードバイクだと思う。

つまり、路面から衝撃が来ないから快適というわけではなくて、どれだけ走っても
体力を消費しないから快適。
そういうロングライドモデルではないかと。

(´・ω・`)……他のニールプライドのモデルも、個性が強すぎてレビューが大変困難。
本当に難しい。
全体的に、強力な長所を有している分、弱点もあるヤンキーモデルかな。
だからこそ、一部に絶大な人気があるんでしょうね。
Colnago - A1r (105 - 2017)

2013年11月07日 トラックバック(0) コメント(0)