HandBike Japan スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > HandBike Japan

HandBike Japan 埼玉サイクリングショーにて、日本発のハンドバイクに試乗してみる。

DSCN3159kk.jpg
( ゚∀゚)埼玉発のハンドバイク専門ブランド「HandBike Japan」が埼玉
サイクリングショーに出展していたので、試乗してみました!

なんとハンドバイクとは、腕でペダルを回して走行するバイクだそうです。
元々は下肢障がい者用として開発された海外のレーシングタイプのハンド
バイクを元に開発。
(とはいえ、海外のレース用では車椅子に普段乗っている方では車高が
低く、なおかつ車輪が大きいので乗れない)
ですので、誰でも乗れて、乗り降りを簡単に出来るハンドバイクを作って
しまったそうで。


(´・ω・`)……てっきり私道用かと思っていたら、一般道での使用を可能に
した3輪ハンドバイクであり、障害の有無に関わらず誰でも気楽に乗れ
てしまう新感覚のバイクなんですって。
(とはいえ福祉車両という枠にとらわれるのではなく、誰でも乗れるカッ
コいい乗り物それがハンドバイクジャパンのハンドバイク)

DSCN3171.jpg
DSCN3169.jpg
……腕でペダルを回す?? しかも、電動アシスト!!???

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ……………………………
これ考えた人、天才だわ。


手の負荷を減らす為に、電動アシストシステムを採用。

すげえ駆動システムが、かっこいい! さすがグッドデザイン賞を
受賞しただけあるなあ。
パーツもなんと一個一個試作した、ハンドバイクのオリジナルパーツ。
コンポーネントは、シマノ系を採用してコンポのカスタマイズも可能。
要するに、誰でも公道で乗れるハンドバイクなんですね。
DSCN3168.jpg
(`・ω・´)フレーム素材はなんとステンレス! 
この画像のところに、脚を乗っけます。
ステンレス素材のメリットは、何度も溶接&研磨が可能。
例えお子様がハンドバイクを購入した場合、お子様の成長に合わせて
フレームを変化させる事が出来る。
(つまり、一生乗る事が出来る)
また、自分で購入した場合にも後日カスタマイズ可能。つまり、乗り手
に合わせて進化してしまうフレームなのでは。

DSCN3158.jpg
ちなみにバッテリーは一日中乗った際、きちんと持ったそうです。
DSCN3172.jpg
後輪が二輪でした。
なんと、後輪にディスクブレーキ搭載。
たしか20インチモデルです。
DSCN3173.jpg
フロントに内装3段変速搭載。しかも、ディスクブレーキ
ですよ。
リアではなく、フロントに動力が伝わり駆動するシステムに
なっています。
( ;゚ω゚)……うーん、今思い出してもあの走行感は面白すぎてよだ
れが出る……。
DSCN3157.jpgDSCN3170.jpg
シートはそれ程無理のない角度でして。
視野も広くとれるし、しかも体をまったりあずける事が出来るので
快適性が高い。
椅子単体として見ても、非常にいい感じです。
(実は、このイームズ系みたいなシートのデザインが、個人的に
かなり気に入ってしまった)


(ハンドバイクに試乗した感想)

は、走る、走る! しかも、面白すぎる!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ /  \

腕で、軽く回してるだけなのに、結構走るじゃないですか?



しかも、ペダルを回している時の腕への負荷がそれ程
ない。(まさかの、腕への電動アシストが恐ろしく利いている)

な、なんだ? 変速操作もペダリングも、コーナーリングも全て腕で
操作可能!

普通、自転車のコントロールって腕と脚で操作するじゃないですか?
しかし、ハンドバイクは腕にコントロールシステムが集中しているので
操作感が実に楽しい。
すげー、本当に腕だけで操作している!!
しかも、さりげなく聞こえてくる、モーター音がカッコいい!!

( ;゚ω゚)……クッ、見た目重そうだけど、すいすい進んでくれる!!
やはり、ストレートが得意かな。
出来るだけ、コーナーリングはスピードを落として曲がるのがコツ
だそうだ。
(とはいえ、慣れてきたら次第にコーナーリングもある程度速度を持って
こなせた)
普通のリカンベントだと、結構漕ぎだしやカーブでテクニックが必要だけど
ハンドバイクは、確かに誰でも乗りこなせると思う。
DSCN3166.jpg
ちなみのこの試乗車は、いくらかパワーを落としたセッティングだったそうな。
本気で走れば、時速30kmは出せるとか。

ヽ('∀`)ノ ワーイ しかも坂道もアシストがあるので、登りの際はありがてぇ!!!
リカンベントも登りが最大の弱点ですからね。


ブレーキングも3つのディスクブレーキが取り付けてあるので確実。
しかも、内装変速なのでどんな状況下においても変速操作が可能だったのが
ありがたい。
グリップシフターなので、なんと腕でペダルを回しながら変速操作可能!



それにしても、走行中下半身が楽……まるでインテリアチェアに座りながら
走行しているみたいだ。
座った感じがまるで、ラウンジチェア。
シート角度が絶妙。
しかも、脚でペダルを回す必要がないのでとことんリラックスしてしまう。
(歩くより、はるかにハンディバイクに乗っていた方が楽。試乗を終了
した際、なんか降りたくなかった)

バックミラーも付いているので、後方の確認は容易。
DSCN3174a.jpg
ハンドバイクジャパンの宇賀神氏。
ヽ(`Д´)ノ 色々解説していただき、ありがとうございまぁああぁあす!!
トークショーで、ハンドバイクについて熱く解説↓

ここだけの感想ですが低速でいってみても、非常にのんびり優雅な気分
に浸りながら走れました。これ程ゆったりした気分で走れるとは。

走行中もっと忙しいかと思っていましたが、実はリラックス性の高い
バイクなんですね。
しかし、アシストパワーを通常にした際、スポーツ的にも使えそうです。


HandBike Japan 公式HPのURLです↓
http://handbike.jp/

2013年03月23日 トラックバック(0) コメント(0)