メンテナンス スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > メンテナンス

Tacx BRAKESHOE TUNER (タックスブレーキシューチューナー) でお気楽にブレーキシューを交換してみる

IMGP2807.jpg
ヽ(`Д´)ノ Tacx BRAKESHOE TUNERじゃあああああああああああああ!!
憂鬱だったブレーキシュー交換が、いきなり花園の世界へ!
作っていただけるのは、ホント、ありがたいねっ!!

しかしながらさすがにいくらブレーキシューチューナーが美味しいと分かって
いても……ちょっと抵抗がありまして……。

いや、もちろん取り付ける位なら出来ますけど、シュー調整が超難関。
ブレーキシューにトーイン付けたり、左右のクリアランスを平行にしたり
ブレーキシューとリムを平行にするのが、結構難しいじゃないですか?
アーレーンキーで締め上げる時に、ずれちゃったり。


( ;゚ω゚)……そろそろ、震災の時に復活したMTBのブレーキシューを交換
しないとやばい……
でも、めんどうくさい……
というわけで、Tacx BRAKESHOE TUNER (ブレーキシューチューナー)を
購入して見ることに……

IMGP2813.jpg
IMGP2820.jpg

箱から出てきたブレーキシューチューナー。
ブレーキシューチューナーをリムに挟むだけで簡単に、ブレーキの取り付けが
出来るというのは本当??
かなりネットでは評判がいいけど……。

( ;゚ω゚)うわ、なんだか自転車ブログみたいな感じになってきましたね! 
P1000441.jpg

ブレーキシューはSHIMANO M70T4で。
( ;゚ω゚)……結構適当に選んでしまった。まあ、いいか。

タックス
(とりあえず、やってみた)
①このブレーキシューチューナーをリムに挟む。
②ブレーキ取り付けボルトを緩めてチューナーを挟みつつ、軽くブレーキを握る。
③アーレンキーで締めるだけでOK。


ヽ('∀`)ノ やってみたら、意外に面白かった&楽しかった。
なかなか、いい感じ!
本当にこのチューナーをVブレーキシューで挟み込み、ブレーキ取り付けボルトを
締めただけで数々の調整が一度に終わってしまった……。

(ただリムにブレーキシューチューナーを取り付けた後、しっかり付属のネジを締めあげて
おかないと結構ずれる。あまりに薄いリムは挟み込めない場合もあるかもしれない。
あとブレーキシューとリムを平行にするのに、若干手間取ったかも)

あと注意点として、リムにブレーキシューチューナーを取り付ける際の向きが重要。
進行方向前が薄く、後ろが厚い。
トーインを一発で決める為の工夫って奴です。
IMGP2814.jpg
進行方向前部分です……薄いですね。
IMGP2815.jpg
進行方向後ろ部分です……おお、厚みが増している。

(´・ω・`)……へー、ブレーキシューチューナーに厚みの差がありますよ?
ブレーキシューにトーインを付ける為の工夫かあ。
これ考えた人頭いいなあ。
コロンブスの卵的発想。
アイディア料に2000円の価値があるという事ですね。
(でも、500円位にならないものか……)

リムに取り付けてブレーキシューを合わせるだけで、最適な位置に固
定できトーイン出来るという話は本当だったんだ。

MTB、ロ­ードどちらでOKだし、もちろんクロスバイクも。
(最大スポーク数は36H、最大リム高40mm)

ホール交換の際に、何度もブレーキパッドの調整する場合も、これなら
どんどんいけそうです。



2012年05月14日 トラックバック(0) コメント(0)