Tyrell スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Tyrell

2013 TYRELL動画集(TYRELL Blade Runner)

DSCN0951.jpg
DSCN0953.jpg

TYRELL Blade Runner Trike Sports Concept


はい、先日朝日新聞の自転車連載にも登場した、国産バイクメーカー
TYRELLですよ。
3輪トライシクルのTYRELL Blade Runnerとかに、キャノピーを取り付け
てくれないかな……


スラントデザインのミニベロの他に、何気にロードバイクも展示して
ありました。
どうも今後TYRELLはロード方面のモデルに力を入れていくと言う事です。
しかしCSIとか凄いですよね? アルミカーボンバックの上ポリッシュ
ですよ?


新型のFSXなんて、折り畳み出来る上になんて異様な、フルカーボンフォーク。
塗装は地球環境に優しいパウダーコートですものねえ。

DSCN0956.jpg

Tyrell FSX SRAM Force

DSCN0959.jpg

Tyrell PK1 SRAM RED

DSCN0966.jpg

Tyrell SV

DSCN0968.jpg

Tyrell CSI



Tyrell CX



動画をやたら撮影していたので、自分の資料用にUPしておきました。
しかし、ミニベロでここまで素材を使いこなす技術力が凄過ぎますね。
FOLDING & SMALL WHEEL BIKE 折りたたみ・小径自転車

2013年02月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 Tyrell PK1 SRAM RED チタン合金製フレーム 試乗体験インプレ

DSCN0975.jpg

( ゜∀゜)なんとチタンフレームにSRAM REDを採用した、プレミアムチ
タンミニベロ Tyrell PK1 です。
販売価格54万と、価格もなかなかのもの。

(試乗した感想)

一番印象に残ったのは、直進安定性がずば抜けていることかな。
ミニベロの中でも、走行中の安定感が高くて驚いた。

(´・ω・`)……しかもなんだろう? クロモリともアルミとも違う加速性が面白い。
弓矢を放つように、鋭い加速感があるんですよね。

以前タイレルのモデルを何度か試乗した事があるけど、やっぱり走行中
の安定感の高さこそタイレル系ミニベロの長所だと思う。
他のミニベロと違い、フレームがしっかり機能して走っている感じが
する。
あと走行中のバランスも良くて、ミニベロ特有の不安定感がない。

かと言ってロードやクロスバイクとも違う、タイレル独特の感じがする。

例えばパワーでぐいぐいひっぱるDAHONやTERNとも違うし、BD-1とも
違う。
長距離走る為というよりは、レースなどで戦う為のミニベロかな……・
速度をどれだけ出しても、非常に安定した走行感をこのフレームは提供
してくれるので、モノがいいのは確かだと思います。

ただ、衝撃吸収性はそれ程高い感じがなかった。やっぱりスピード
命のミニベロかな。
DSCN0983.jpg
実は、Tyrell PK1のハンドリングが安定していて安心して身を預けられる
という安心感があった。
ミニベロなのにこの安定感は、やっぱり凄い。
DSCN0976.jpg
DSCN0977.jpg
タイレル独自のカーボンモノコックフォークのおかげで、コーナーリングの
安定感がなかなか優秀。
DSCN0978.jpg
SRAM REDモデルは完成車で6.9kgということだが、軽量感よりもフレーム剛性の高さ
が際立っていたと思う。
DSCN0982.jpg
DSCN0979.jpg
DSCN0980.jpg
見た目はチタン&SRAM REDで豪奢な印象を受けるけど、実は走りに
忠実なミニベロではないかと。

( ;゚ー゚) ミニベロにチタンを使用すると、独特の走りをするんですね。
今までてっきり快適性がメインの走りをするとばかり思っていたら
実はスピード主体の走りをするという。
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2012年12月05日 トラックバック(0) コメント(0)

Tyrell-FX タイレル初の折り畳みミニベロ


(´・ω・`)……あ、凄い、凄い。
Tyrell-FXって折り畳めるんですね。
しかも、凄い降りたたむまで手数が多いのがポイント。
まずはシートポストを外して、リア全体を収納。
(シートステージョイントの安全ピンを抜いて、収納)

次にフロントフォークを折り畳む????
おおおおおおおお!
このフォークは、後方に折畳む方式だそうです。
(安全ピンを抜きノブを緩めると、フォーク根元から90°屈曲。安全ピン?)
で、折り畳んだ後自走可能。
(工具無しで、折り畳み可能)



以前びくびくしながらTyrellの試乗をした時、直進
安定性の凄さに感動しましたけど、Tyrell-FXはどうなんで
しょう?


更に、ステンレス製ボルト、CNC製チェーンリング、アルミ製グリップエンド
など、デザインを壊さぬようにトータルコーディネート。
塗装も。上質なパウダーコーティグ(粉体塗装)ときたものです。
フレームにアルミ#7046を採用する事で、なんと重量は8.9kg!

タルタルーガのタイプFに近い折り畳みシステムですね。
(ただし、フロントフォークの収納や、安全ピンの使用は独特)

インテグラルヘッドの採用や、ロード用キャリパーブレーキを採用するな
ど、走りは結構本格派の模様。
(ホイールセット AM-3シルバー, F20 R28H/エアロスポーク/CNC加工リム)

コンポはシマノティアグラ


折りたたみサイズはブロンプトン程コンパクトでは、ありません。
でもBD-1に近い。でも8.9kgという重量は魅力的。

動画を見た限り、慣れてくると折り畳みにかける時間は45秒
と見た方がいいかも。
やっぱりポイントは安全ピンですね。

間違いなく、長距離走れるフォールディングモデルなので
輪行&単独でロングライドなど、かなり使えるモデルですね。
ちょっと乗り手をえらびそうですけど。

2011年05月17日 トラックバック(0) コメント(0)