CUBE スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CUBE

DAHON Mu SL limited 研磨職人が仕上げた、限定モデル

12dahon001.jpg
20120224musl3.jpg
( ゚∀゚)なんとDAHONからも、限定モデルが登場ですよ。最近限定モデル
ラッシュですね!
これでブロンプトン、BD-1、ブルーノ、DAHONの主要ミニベロメーカーから
限定モデルが全て企画されていたという事になりますね。


DAHONが用意したMu SLのフレームを、研磨職人さんがポリッシュ研磨した
一品です。
しかも、一度ポリッシュ研磨したフレームを洗浄し、再度ハイポリッシュ
研磨するという念の入れ様。
(どうも、専門の研磨職人のいる工場にDAHON社が以来しているらしいです)

もちろん研磨工程は人力。
一本のフレームを研磨する時間はなんと一時間! 
いや、研磨機って結構体力を使うはずなのに……贅沢ですねえ。
(現在もガンガン研磨職人さんが削っているのでは)

もちろんアルミ府フォークもポリッシュ加工を施しています。
まあ、だからこそ「限定」なんでしょうけど。

タイヤ一つとっても、DAHONが特別に用意した、Schwalbe Kojak ホワ
イト/ブラックタイヤを履かせていますし。

ポリッシュ加工の限定ミニベロというとBD-1の独壇場かと思っていたの
ですが、結構DAHONのMu SLもいいですね……
数は日本限定100台ということで。

(´・ω・)……一発ものじゃなくて、定番にしても売れると思うのですが。
やっぱり、工程が多くなりすぎて数が用意できないのでしょうね。
【送料無料】 DAHON(ダホン) 2012年モデル Mu SL Limited(ミュー SL リミテッド) フォールディング

2012年02月24日 トラックバック(0) コメント(0)

CUBE LITENING SUPER HPC完成車 Sレコード11S 

3990000034006.jpg
これが、あのドイツメーカーCUBEのロードバイクですか。

FELTとはまた違うデザインですね。
とにかくカーボンフレームが高品質でコストパフォーマンス
が高いらしいですが。
なにかこうフレームを見て、やたら心が躍りました。
2009年あたりから日本に上陸したらしいですが。
サイズはやっぱりおおきいのかなあ。

公式HPによると

社内テストの完了後、CUBEの自転車はドイツで最も権威あるテ
ストセンター「Prüflnstitut Velotech inSchweinfurt」での第
三者検証を受けるために送られます。


という事はドイツ本国で生産しているということで……。
CUBE工場の動画が出てきました。
やっぱりドイツの方々がハンドメイドで、組み上げている模様。




CUBE LITENING SUPER HPCのコンポには、カンパニョーロ 
スーパーレコード11Sを採用。

ホイールは(XENTIS) SQUAD 4.2 クリンチャー 700C WO

タイヤは(SCHWALBE) ULTREMO R 700x23C クリンチャー フレンチバルブ(仏)

BHとかラピエールとかどんどんEUメーカーが上陸していますね。
HPによると日本向けにコンパクトクランク仕様モデルも出るとか


それはそうと、街からとうとうガリガリ君が消滅しました。
アイス売り場で狼狽する方々が多数……。
白クマ君も美味しいですけどね。
最近、ガリガリ君の棒が斜めに入っていたり、割れていたりしてちょっと
面白すぎです。
生産現場が大変な事になっているんでしょうね。

2010年08月18日 トラックバック(0) コメント(0)