Calamita(カラミータ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Calamita(カラミータ)

Calamita due+ レーシングブルーのデザインが秀逸!

imgrc0067995433.jpg
Calamita due+ レーシングブルー
注)写真はCalamita Dueですが、製品は”CalamitaDue+”のロゴになるそうです。
(´・ω・`)先日紹介した、モデルチェンジしたCalamita due+についてですが。
このレーシングブルーがいいですね……
もちろんTig溶接に、ベントカーボンフォーク仕様。更にCOLUMBUSクロモリな訳ですが。

レーシングブルーカラーに合わせて、ステム、シートポスト、クランクまでブラックカラー仕様ですよ。
フレームカラーに合わせてパーツのカラーまで変えてきているのがいいですね。

とりあえず、公称は「NEWカラミータ・デュエ・プラス」でいいみたいですね。

細いパイプにこだわり、なおかつ優美なデザイン性を長所として人気を博してきたクロモリモデルですが。
やはりデザイン性やカジュアル性が高いってことって重要なんですね。
「NEWカラミータ・デュエ・プラス」はレーシング性能よりも、クロモリらしい乗り易さにこだわりがあるそうで。
imgrc0067995432.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
おお、レーシングブルーだと新SORAシフターのビジュアルが生きてきますね。
しかし、いいな。
10万円台クロモリとはいえ、デザインが高く、作り手の愛情を感じる。
imgrc0067995429.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995424.jpg
フォーク カーボン
おお……意地でもベントフォークでいくか……
案外耐久系レースにCalamitaDue+を投入しても楽しそうですね。
体への負荷も少ないし、なにより走りが軽くて楽なフレームですし。
多分、前モデルの長所は殺していないのでは?
imgrc0067995427.jpg
カラー:レーシングブルー
( ;゚ω゚)うぉっ……どこの色見本からこのカラーリングを見つけたんだろう??
こういうブルーカラーもあるのか……
imgrc0067995425.jpg
F/ディレ-ラ:SHIMANO SORA
R/ディレ-ラ:SHIMANO SORA
クランクセット:50/34T コンパクトクランク

imgrc0067995430.jpg
フレーム:COLUMBUSクロモリ
軽くて剛性のあるアルミフレームも素敵だけど。
Calamitaは日本で企画されているだけあって、とても乗り易いのですよね。
だからこそ走行感を軽く感じるのかな。
COLUMBUSクロモリを今回から採用したことで、どうフィーリングが変化したんだろう?

画像を良く見て見ますと……
どうもフレームはコロンバスのクロモリチューブCromor「クロマー」を採用しているらしい。
強度があって、そこそこ軽いか。
DSCN5654casde.jpg

例えばイタリア発のハンドメイドブランドBIXXIS PRIMAなんかは、COLUMBUS社に特注したBIXXIS専用設計でして。
かなりカーボンに近い走行感でした。
クロモリといえど、極めると次第に走行感が現在のカーボンフレームに近づいてくるんですよね。
質のいい最新鋭クロモリバイクは、アルミやカーボンの代わりに十二分に使えると体感しました。
imgrc0067995423.jpg
imgrc0067995422.jpg
タイヤ:KENDA 700X25C
重量:9.3kg(ペダル抜き)

(´・ω・`)うーん。レーシングブルーいいな……

やはり、全然ロゴが付いていないので、ブルーが引き立ちまくりではないですか??
税込 121,500 円だそうですが、ここまで仕様やデザインにこだわるクロモリが存在するとは……
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 10時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:レーシングブルークロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月05日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita DUE+ 今回リニューアルし、due +として新たに登場(とりあえず2017年度モデル版?)

imgrc0067995401.jpg
Calamita DUE+がリニューアルして新たに登場した模様。
ケーブル類が無くなって、大変すっきりしていますね。
①なんと変速がWレバーからSTIになったのが変更点だそうです。
②クロモリのパイプがイタリアのCOLUMBUS社製を採用。
以上の2点が変更点ですね。

気になる重量は9.3kg(ペダル抜き)
SHIMANO SORAのSTIレバー、25cタイヤ、ハンドルなどのパーツ構成も見直したそうで。

クロモリらしい乗りやすさを追求しているそうですけど、「速く走らない為のデザイン」は健在ですね!
下手にロゴをあしらっていませんし、その上どの世代の方にも違和感なく扱えるデザインがいい。


imgrc0067995402.jpg
前モデルでも、そんなにクロモリといえど重みは感じなかったけど。
振動吸収性に優れたクロモリフレームにカーボンフォークを使用して軽量化を図っています。
元々「軽さ」を追求していたクロモリなので、今回も期待。
シルキーさ快適性は、今回どういう方向性でいくんだろう?
走り易さと軽量感が魅力のクロモリですし。

変速にはSHIMANO SORAを使用した18段変速を搭載。
変速レバーにはSTIレバーを初期で搭載し手元で変速を行え効率よい走りを実現。
imgrc0067995414.jpg
imgrc0067995413.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
imgrc0067995408.jpg
フレーム COLUMBUSクロモリ
なんと今回の新型フレームチューブにCOLUMBUS CROMORを採用!?
ジオメトリーを一新したニューモデル。
以前からハンドメイドのTIG溶接で作られたフレームでしたけど。
溶接面は相変わらず綺麗ですね。
imgrc0067995412.jpg
タイヤ KENDA 700X25C
imgrc0067995410.jpg
これがシルクブラッシュカラーですか。マットブラック、レーシングブルーがあるけど。
このシルバー系カラーリングが一番に人気が出るんでしょうね。
imgrc0067995411.jpg
フォーク カーボン

美しいベントフォーク路線は継続。レース寄りではないクロモリには、やはりベントフォークが似合いますね。
imgrc0067995409.jpg
ホント、シンプルなデザイン。
ロゴの表示も、最小限に抑えています。
imgrc0067995407.jpg
imgrc0067995406.jpg
フロントディレ-ラ SHIMANO SORA
クランクセット 50/34T コンパクトクランク
流石に4アームクランクは持ってこないですよね。
imgrc0067995405.jpg
リアディレ-ラSHIMANO SORA
imgrc0067995403.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995404.jpg
(´・ω・`)以前からもCalamita due+には、STI仕様のが出てはいましたが。
やはりCOLUMBUS社製のパイプを持ってきたのが、今回一番大きい変更点かもしれません。
電着塗装(メッキ)とか、謎にカラーリングにも独自のこだわりがありましたが。
今回はいい意味でシンプルなカラーリング。

アクションスポーツがプロデュースしたクロモリロード「Calamita」シリーズも、いつの間にか7週年ですよ。
色々な意味で、時代に左右されない秀逸なシンプルデザインは現在でもやはり魅力的ですよ。
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 0時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:シルクブラッシュクロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月04日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita CX LTD(カラミタ CX リミテッド) シクロクロスモデルを、大胆にツーリング仕様へ変換

imgrc0063536364.jpg
アクションスポーツCalamita CX LTDって、スチールシクロクロスの限
定モデルかと思っていたのですが。

よくよく見ると、なんと本格的なシクロクロスツーリング仕様だったんですね。
かなりデザインの良質なレザーサドル、レザーバーテープ、亀甲フェンダーや
補助ブレーキなど、ツーリング系パーツをふんだんに採用。

クロモリシクロクロスモデルを、仕様やデザインを含め、ツーリング
仕様へ大胆に変換した訳ですか。
ですので、フロントフォークなども競技を意識した軽量カーボンストレート
フォーク仕様。
フレームもツーリングに似合う、オリーブカラーを持ってきているし。

あと、これだけの仕様ながら重量が重量10.5kgと軽量なのもポイントですね。
(装備を外した重量だと、9kg台ぐらい?)
見た目11kgぐらいに見えません? 
よくクロモリかつ、これだけの装備で10kg台に抑えたもので。
やっぱり担ぐ事を意識した軽めのシクロクロスモデルを、ツーリングモデルに
変換したので、地味に軽量化に成功しているのでしょう。

限定50台だそうです。
imgrc0063536363.jpg
シフトレバー SHIMANO TIAGRA STIレバー
インラインレバー搭載

STI変速ではありますけど、バーテープは本格的なバーテープ仕様。
imgrc0063536361.jpg
ブレーキ CANTIブレーキ
フレーム TIG溶接(ダブルバテッド・クロモリ)
imgrc0063536359.jpg
亀甲デザインフェンダー搭載
imgrc0063536360.jpg
フォークはシクロクロス競技を意識した、太めのカーボン仕様。
imgrc0063536357.jpg
CX OLIVEのロゴが。
リア3角は実にコンパクトで、シクロクロス競技でゼロ加速を重視した
フレーム仕様であるから、やはりCXのロゴが記載されているのでしょう。
しかし、フレームカラーはツーリングを意識したオリーブカラーなのが
面白い。
そもそも、シクロクロスモデルでもあるんですから、ツーリング仕様
のロードよりも、荒れ道に強そう。
imgrc0063536358.jpg
白の胴抜きカラーに、なんとゴールドのCalamitaロゴが。
この辺のデザインや塗装は本当に美味い。
ツーリングモデルとしてだけではなんか勿体ない、デザイン
センス。
imgrc0063536356.jpg
フロント&リアディレーラー SHIMANO TIAGRA
クランクセット 46-36T
フリーホイール:SHIMANO TIAGRA 12-28T
変速 20SPEED
基本的にティアグラ20速仕様。
imgrc0063536355.jpg

このレザーサドルのデザインも、実にいいですね。
後方だけではなく、前方に鋲を打ってある所が好み。
これ、単品で普通に欲しい。
カラミ―タのオリジナルパーツ?
いずれにしても、このサドル欲しい。
imgrc0063536354.jpg
フォークはシクロクロス競技を意識した、太めのカーボン仕様。
タイヤMAXXIS RAZE M206P 700×33C
ホイールも日本製シールドベアリングを使用した高性能ハブで
組まれ、剛性と高回転を実現しているとか。
もちろん見ての通り、キャリア装着のためのダボ穴も用意してある。

荒れ道などが多いツーリングやロングライド。また、街乗りでオシ
ャレに乗りたい方の為のツーリング仕様シクロクロスですね。

ツーリングモデルのデザインとしては、最新かつ大胆な試みを
している。

前述した通り、シクロクロスジオメトリーのクロモリフレームなので
ゼロ加速性能あたりにも期待出来そう。

と言う事は、頻繁にストップ&ゴーする街乗りあたりでも、かなり使える
と思うのですが。

にしても、このCalamita CX LTDのサドルが欲しい。
Calamita(カラミータ)Calamita CX LTD(カラミタ CX リミテッド)クロモリシクロクロス・ツーリングバイク【送料プランC】

2015年05月11日 トラックバック(0) コメント(0)

以前紹介したアクションスポーツのCALAMITA CIAO(カラミータチャオ) 販売がスタートした模様です。

imgrc0064403152.jpg
以前紹介したアクションスポーツのCALAMITA CIAO(カラミータチャオ)
いよいよ、販売がスタートした模様です。

しかし、CALAMITAってクロモリロードのラインナップが充実していて、
試乗会でもロードがメインではないですか?
本当に出してきましたね。しかも、相変わらず塗装が上手い!

どうも、その試乗会時に、お客様の方からカラーミータモデルとしての
クロスバイクを出して欲しいという要望があったそうです。
(やはり一発目のスポーツバイクとして、エントリーユーザーの場合
ロードは敷居が高いとか)

img56955gf408.jpg
imgrc0063523782.jpg
やっぱりCALAMITAって上画像の通り、ロードというイメージが強い
けど。

確かに、クロスバイクは各バイクメーカーの入り口みたいな役割を
果たしていますものね。そんなに試乗会の声を、アクションスポーツ様
が積極的に吸い上げているとは知りませんでした。

で、新型クロスバイク CALAMITA CIAOのコンセプトは以下の
と通りになるそうです。

短い距離で楽しめる、30km圏内を想定した設計。
美しい細身のフレームと人気のホリゾンタル設計
段差などにも対応した26インチのちょっと太めのタイヤを搭載


imgrc0064403111.jpg
おお、CALAMITA CIAOのマットブラックって、ほぼビジュアルが
オールブラック!!これはいいかもしれない!


本当に、ホリゾンタルフレームに26インチホイールの組み合わせで
いくんですね。

やはりカラミ―タのロードモデルは長距離用。そして、このチャオなどのクロ
スバイクは、街中や公園、サイクルロードをのんびり走るのに使えるそ
うです。
imgrc00644g03150.jpg
imgrc00644g03149.jpg
imgrc00644g03148.jpg
やはりCALAMITA CIAOの特徴として、26インチホイールに
クロスバイクとしては実に太めの1.5インチを採用していることです。
(泥除けも装着可能)

カジュアルな服装で街乗りなどで乗れる上に、軽いツーリングも
こなせる。
imgrc0064g403147.jpg
フレーム素材 HI-TEN
フォーク HI-TEN

imgrc0064g403145.jpg
本当にクロスバイクながら細い! しかも塗装が、ちょっと他のブランド
にはないテイストではないですか。
極力ロゴやステッカーなどを排除した、シンプルなデザインが魅力。

しかも販売価格5万ながら、リア8段変速仕様。
フロント シングル42T(ガード付)
リア ディレーラー=シマノ ALTUS 8速
imgrc006g4403146.jpg
この辺とか、若干クロモリMTBの様なビジュアル。
とりあえず5万円クラスながら、強力な走破性があるクロスバイク
として覚えておいてもいいかもしれません。
imgrc00g64403144.jpg
乗り易そうな感じだし、フレームの仕上がりとか、塗装が綺麗
ではないですか。

imgrc0064403089.jpg

素直に、やっぱり5万クラスのクロスバイクとしては、ずば抜けた
デザインですよ。ミントグリーンカラーとか、カラーチョイスが面白い
ですね。
やっぱりカラミ―タだけあって、カラーに毎回凝っている感があります。

最初はCALAMITA CIAOの機能面に興味があったけど。
デザインとかカラーリングに惹かれてしまう。
コストを抑えているとはいえエントリー系クロスバイクなのに、ここま
で優雅なデザインなのはちょっと嬉しい。

【マラソン+P最大5倍(5/11 0時まで)】Calamita(カラミータ)CALAMITA CIAO(カラミタ ドチャオ)カラー:ミルキーブルークロスバイク【送料プランC】

2015年05月09日 トラックバック(0) コメント(0)

CALAMITA CIAO(カラミータチャオ) アクションスポーツ「CALAMITA」から、新型クロスバイクが出る!

10443672_1002983123063842_9078369656209243620_nkjh (1)
10443672_1002983123063842_9078369656209243620_nkjh (2)
アクションスポーツのCALAMITAから、新型クロスバイクが出るんですね。
これはそのブルーカラーのサンプルだそうです。


ロードを中心に展開しているCALAMITAが、26インチリジットバイクに挑んで
きましたよ。 
26インチというあたりが凄い嬉しい! 
普通700Cじゃないですか? 

新型クロスバイクのネーミングはCALAMITA CIAO(カラミタチャオ)
長距離を走るロードモデルというよりは、街乗りの為のクロスバイク
と言った所ですね。

CALAMITAとしては、スローピングフレームのクロスバイクよりも
ホリゾンタルフレームにこだわって来た所に、なんからしさを
感じたりします。

とはいえよくよく見てみると細身のフレームに、26インチの太めなタイ
ヤを装着すると街乗り感が
強烈に主張してくる感じがするんですね。
やばい、この違和感がなんかかっこいい!

結構自己主張しているクロスバイクではないですか???
10917897_1002983513063803_6875937467522696731_n.jpg
ブラック、ミントグリーン、レモンイエロー、ミルキーブルーの全4色

カラーはブラックと写真で手にかざしている3色で4色展開。
車体写真のブルーは残念ながら展開しないようです。


光沢のあるクロスバイクというよりは、もう少しPOPな感じの
クロスバイクカラーになるのかな?
いずれにしても、CALAMITAって異様にカラーリングにこだわったブランドだから
ちょっと面白い事になりそうですね。
10988922_1002983223063832_619438140710940314_n.jpg
個人的に嬉しい所は26インチホイールにタイヤ幅を1.5インチ
に設定してくれたところ。
最近26インチのクロスバイクが少しだけ、増えつつある。
(また26インチ系のクロスバイクが流行しだしたか?)
街乗りでは700Cサイズのクロスバイクが多いですしね。

小回りと乗り心地と安全性を考慮してこのサイズに設定したとか。

いずれにしてもダートや石畳も得意なので、公園や街乗りに強いの
がいいですね。
街の段差にも対応してくれるし。
10942615_1002983369730484_5103406756645349468_n.jpg
シンプルなリジットフォークのクロスバイク

ブレーキは強力なVブレーキ仕様。街乗りでもツーリングでも
対応出来るようにVブレーキに設定したのかな。

11008479_1002983296397158_5085037430560151842_n.jpg
10991227_1002983419730479_8487245838964396023_n.jpg
10984272_1002983346397153_5514459880091063246_n.jpg
フロントシングル42T
服装を選ばなくていい様に、チェーンガードも付いています。
リアディレーラー アルタス8速(11-32T)
10676266_1002983163063838_9069665696236127079_n.jpg
リーズナブルな街乗り系ホリゾンタルフレーム系クロスバイ
クを探している方にもこれはいいですね。

カラーリングが華麗だし、なおかつデザインも機能も
限界までシンプルに仕上げているし。
4月からデリバリー開始の予定だそうです。
【2shopでP3倍(2/24 10時まで)】【限定カスタム/STI化モデル】Calamita due STI LEVERCalamita(カラミタ ドゥエ)カラー:シルクブラッシュクロモリロードバイク【送料プランC】

2015年02月24日 トラックバック(0) コメント(0)