KOGA MIYATA(コガ ミヤタ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KOGA MIYATA(コガ ミヤタ)

MIYATA JAPON(ミヤタジャポン  レジェンド・ブルー) 和製ロードレーサー 1981年ツール・ド・フランス第17ステージ投入クロモリモデル

o0500037511858452414.jpg
MIYATAがなんと、1980年にツール・ド・フランスで投入された
MADE by MIYATAのクロモリロードレーサーを生産するそうですよ。

名称は「レジェンド・ブルー」
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル…………これがMIYATAの本当モードかっ!! 凄い……
なんて深みのある青……これは……あわわわ。
ミヤタジャポンがブランド名になるそうですが……。

( ;゚ω゚)……もう頭の中で『ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ』の音が鳴りやまないお……。

凄い贅沢なラグ仕様ではないですか? 最初てっきり昔のビンテージ
バイクかと思ったのですが、新品なんですね。
ツールの石畳を駆け抜けたのだから、その強度は折り紙つき。


黄金のホリゾンタルダイヤモンドフレームが渋すぎ……
重心を出来るだけ低めにしたい為にBBのクランク取り付け位置は低めに設定。
そうすることで、剛性や安定性、そしてしなりのバランスを保てるとか。
全体的に、欧米人のジオメトリーを廃して、日本人の体格向けのジオメト
リーにこだわったフレーム設計をしています。
あくまで、日本人の為のモデルですね。



o0500037511858452415.jpg
コンポはCampagnolo「ATHENA」 「CHORUS」のミックス。
リア11速。
ハンドルバーやステムは日東。
フレーム、やホイール、コンポ、サドル……などトータル的な
バランスを考えて完成車で展開するとか。
しかも、このフレームを組むのは、チームミヤタの専属メカニック
の方が一台一台、ハンドメイド! で組んでいきます。
贅沢すぎる……なんじゃこりゃ……

( ;゚ω゚)...。o○(一体MIYATAに何があった!?)

o0500037511858452423.jpg
SSTB(スパイラル・スプライン・トリプル・バテット)チューブと
いう、1980年代当時のクロモリ技術を現在に蘇らせたモデル。
チューブの内側に6本の螺旋状内部補強リブを施してあります。

あくまで、この補強リブに関してですがライフルの銃身に
施した銃腔内の旋条に似ていると思いました。
o0500037511858452416.jpg
開発総指揮は、元宮田工業株式会社自転車事業部(現:株式会社ミヤタサイクル)
の元技術部長 遠山和廣氏。
入社40年の重鎮。
ある意味MIYATAの総力を挙げたクロモリモデルですね。
価格は40万~70万程度あたり。

デザイナーは米International Design Excellence Awards 2011にて「GOLD AWARD」受賞
した田 貴行氏。
( ;゚ω゚)……え~っと……なんだか凄い事になっているモデルですね。
紹介していて、圧倒されてしまったというか……

e-ハクセン楽天市場

2012年03月20日 トラックバック(0) コメント(0)

KOGA bergmönch (コガ ベルクメンヒ) 膝を痛めた登山家の為の折り畳みMTB


IMGP2362.jpg
(`・ω・´)もう数日前にクリスマスを終えたので、なんだか街の光景が
不思議な気分。
餅とり粉準備OK。餅つきがあるので準備が忙しいとです。

登山と、ダウンヒル双方に使える折り畳みMTB 「KOGA ベルグモンク」
いや、本当にペダルもサドルもないのですね。
しかも、足を乗せるステップだけついてくるというシンプルさ。

タイヤサイズはフロントが20x1.85。
リアが16x2.4。

てっきり、お笑いというか、面白系折り畳みバイクかと思っていたのですが
実は登山家の為に設計された真面目なモデルだそうです。
登山家というのは、結構膝を痛めた方が多いのだとか。
ですから、下山時に「KOGA ベルグモンク」を使って快適に山を下りてもら
おうという設計思想が生かされたバイクなんですね。

確かに山を登る時より、下山の方が膝への負担が大きそうですし。

道なき山の下りを、一気に走り抜ける為のバイクなのでMTB顔負けの
走行性能も有しています。
平地では、足で地面をけっ飛ばしながら前進するという……凄い世界
ですね。


ちなみにベルグモンクの語彙は、「山の僧侶」
ベルグモンクの乗車姿勢がひざまづく僧侶に似ている……とか。
Colnago - CLX (Ultegra - 2017)

2011年12月24日 トラックバック(0) コメント(0)

スキルシマノチームエディションカラー KOGA MIYATA CARBON TEAM EDITION

IMGP1400.jpg
レースで実際使われているノウハウを、実際に市販車に採用した
コガカーボンチームエディションモデルです。

チームカラーコーディネートされたちょっとレースを意識したバイク。
モノコックカーボン(12Kカーボン)の大型丸チューブが特徴。
(ライトウェイト12k FEMハイテックカーボンフレーム)

それなりに肉厚なカーボンチューブで堅牢性を高めていますね。
変に奇をてらったチューブよりも、オーソドックスな丸型チューブを採用
してくる辺り、品質が安定したフレームを供給したいという作り手の意識を
感じます。また、品質を維持する為に受注生産という形を取っていますね。
サイズごとに、生産台数が決まっているとか。

走行性は、加速に強く安定しています。特にレース志向なので、乗り手の
脚力にきちんと答えてくれそう。

ロングライドとか、街乗りにはあまり向いていないと思います。
見れば、見るほど、実直そうなモデルですね。
確かにしっかり組んであったという印象。
シートポスト・ステム・ハンドルバーは プロ・PLT

あと、そうそう。シカンジュウムフレームを採用したスキル・シマノ
カラーチューブも発売されているそうですよ。

IMGP1401.jpg
ハンドルパーツがPROとやっぱりレースを意識した構成に。
IMGP1402.jpg
フロントフォークはエアロブレードを採用。しかし断面積を大きめに確保し
反応性と剛性を重視。
ホイールもエアロ形状な点も見逃せません。ホイールはコガのオリジナル。

IMGP1403.jpg
IMGP1404.jpg
コンポーネントはシマノアルテグラ。
IMGP1408.jpg
丸チューブですがしっかり組んであるので、乗り手次第で十分戦闘的な
走りをしてくれるでしょう。
IMGP1407.jpg
シートステーは系を大きめにとり、剛性重視。一応内側に曲げ加工を施
し衝撃吸収性も計算してあります。
IMGP1405.jpg
チェーンステーの内側に、KOGAのロゴが。
さりげなくていいですね。
IMGP1406.jpg
サドルはセライタリア・XR
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2010年04月07日 トラックバック(0) コメント(0)

KOGA MIYATA CARBON TEAM EDITION(コガミヤタ カーボンチームエディション)

IMGP1098a.jpg
KOGAのミドルグレードモデルですね。チームカラーコーディネートされた
ちょっとレースを意識したバイク。
モノコックカーボン(12Kカーボン)の大型丸チューブが特徴。
それなりに肉厚なカーボンチューブで堅牢性を高めていますね。
変に奇をてらったチューブよりも、オーソドックスな丸型チューブを採用
してくる辺り、品質が安定したフレームを供給したいという作り手の意識を
感じます。
コンポーネントはシマノアルテグラ。ハンドルパーツがPROとやっぱりレース
を意識した構成に。渋い、なんて渋い。

フロントフォークはエアロブレードを採用。しかし断面積を大きめに確保し
反応性と剛性を重視。
シートステーも太めで、剛性重視。一応内側に曲げ加工を施し衝撃吸収性
も計算してあります。

走行性は、加速に強く安定しています。特にレース志向なので、乗り手の
脚力にきちんと答えてくれそう。
丸チューブですがしっかり組んであるので、乗り手次第で十分戦闘的な
走りをしてくれるでしょう。
ホイールもエアロ形状な点も見逃せません。
ロングライドとか、街乗りにはあまり向いていないと思います。
見れば、見るほど、実直そうなモデルですね。

IMGP1099b.jpg
ホイールはコガのオリジナル。
サドルはセライタリア・XR
シートポスト・ステム・ハンドルバーは プロ・PLT

2010年01月18日 トラックバック(0) コメント(0)